ベルリン発 〓 州立歌劇場が新制作の《イェヌーファ》をライブ・ストリーミング

2021/02/09

ベルリン州立歌劇場(Staatsoper unter der Linden)が新制作のヤナーチェク《イェヌーファ》をライブ・ストリーミング配信すると発表した。配信は現地時間13日午後8時15分(日本時間14日午前4時15分)から行われる。配信される公演は、ダミアーノ・ミケレットが新演出を手掛け、無観客で上演されるもの。

公演の指揮はサイモン・ラトルで、歌手はイェヌーファにカミラ・ニールンド、ブリヤ家のおばあさんにハンナ・シュヴァルツ、ラツァ・クレメニュにスチュアート・スケルトン、コステルニチカにエヴェリン・ヘルリツィウスが起用されている。

写真:Staatsoper Unter den Linden


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. リバプール発 〓 ロイヤル・リバプール・フィルが首席指揮者のドミンゴ・インドヤンとの契約を延長

  2. ミュンヘン発 〓 バイエルン放送交響楽団の本拠地となる新たなホール建設へ

  3. アムステルダム発 〓 コンセルトヘボウが2025年にホール主催の「マーラー音楽祭」、ルイージ率いるN響も参加

  4. ペーザロ発 〓 ロッシーニ・オペラ・フェスティバルがチケット発売延期

  5. エッセン発 〓 エッセン州がアールト音楽劇場の専属歌手三人に「宮廷歌手」の称号

  6. ボストン発 〓 ボストン響が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  7. ベルリン発 〓 バレンボイムが健康上の理由から、5月1日のベルリン・フィル「ヨーロッパ・コンサート」の指揮から降板

  8. フィレンツェ発 〓 フィレンツェ歌劇場でもオーケストラがストライキに突入、《椿姫》の最終公演はメータがピアノを指揮

  9. ロンドン発 〓 英国政府が文化予算に大なた、イングリッシュ・ナショナル・オペラは年度予算の配分が打ち切られ、活動継続の危機に

  10. パリ発 〓 ヨナス・カウフマンとリュドヴィク・テジエの二人が芸術存続のための政府の行動求める署名運動をスタート

  11. アムステルダム発 〓 ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団が新しいストリーミング

  12. クリスチャンサン発 〓 ナタリー・シュトゥッツマンがクリスチャンサン響との契約を延長

  13. ドナウエッシンゲン発 〓 音楽祭の開催中止を発表

  14. ラヴェンナ発 〓 ムーティ、肺炎でダウン

  15. ベルリン発 〓 アルテミス弦楽四重奏団の元第1ヴァイオリン、ヴィネタ・サレイカ=フォルクナーがベルリン・フィルへ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。