ベルリン発 〓 ピアノのラルス・フォークトがインタビューでがん闘病語る

2021/05/15
【最終更新日】2021/05/16

ドイツのピアニスト、ラルス・フォークト(Lars Vogt)がドイツのオンライン・マガジン「VAN Magazine」のインタビューで、がんとの闘病について語っている。それによると、現在は化学療法の第2ラウンドをスタートしたところだという。

フォークトはデューレン生まれの50歳。1990年のリーズ国際ピアノ・コンクールで2位に入賞して注目を集め、その後、古典から現代音楽まで幅広いレパートリーを誇り、多彩な活躍を続けている。

指揮者としての活動も本格化しており、2015年には英国のロイヤル・ノーザン・シンフォニアの音楽監督に就任、2020/2021シーズンからはパリ室内管弦楽団の音楽監督を務めている。また、1998年からケルン近郊のハイムバッハの街でシュパヌンゲン音楽祭を主宰している。

写真:Spannungen


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ボストン発 〓 ボストン響が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  2. 東京発 〓 日本フィルの首席客演指揮者にシンガポール出身のカーチュン・ウォン

  3. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が2019/2020シーズンの残りの公演をすべてキャンセル

  4. 東京発 〓 新国立劇場の無料ストリーミング「巣ごもりシアター」が第2弾のラインナップを発表

  5. ミュンヘン発 〓 ザクセン州立オペラに続いてバイエルン州立オペラも公演をキャンセル、新型コロナの感染者急増で

  6. ウィーン発 〓 今年のサマー・ナイト・コンサートは6月18日と発表、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

  7. ウィーン発 〓 国立歌劇場が3月第2週のストリーミングのラインナップを発表

  8. ローマ発 〓 Rai5、2月第2週のストリーミング配信のラインナップを発表

  9. ブランデンブルク・アン・デア・ハーフェル発 〓 ブランデンブルク響の首席指揮者にオリヴィエ・タルディ

  10. ウィーン発 〓 国立歌劇場が新制作の《ファウスト》をストリーミング

  11. ミラノ発 〓 クリスティアン・ティーレマンが代役で久々にスカラ・フィルの指揮台に

  12. ミュンヘン発 〓 バイエルン放送響が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  13. ニューヨーク発 〓 カーネギー・ホールが7月末までの公演をすべてキャンセル

  14. オスロ発 〓 ノルウェー室内管の次期芸術監督にヴァイオリニストのペッカ・クーシスト

  15. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルのメンバーに初のトルコ人

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。