ベルリン発 〓 ピアノのラルス・フォークトがインタビューでがん闘病語る

2021/05/15
【最終更新日】2021/05/16

ドイツのピアニスト、ラルス・フォークト(Lars Vogt)がドイツのオンライン・マガジン「VAN Magazine」のインタビューで、がんとの闘病について語っている。それによると、現在は化学療法の第2ラウンドをスタートしたところだという。

フォークトはデューレン生まれの50歳。1990年のリーズ国際ピアノ・コンクールで2位に入賞して注目を集め、その後、古典から現代音楽まで幅広いレパートリーを誇り、多彩な活躍を続けている。

指揮者としての活動も本格化しており、2015年には英国のロイヤル・ノーザン・シンフォニアの音楽監督に就任、2020/2021シーズンからはパリ室内管弦楽団の音楽監督を務めている。また、1998年からケルン近郊のハイムバッハの街でシュパヌンゲン音楽祭を主宰している。

写真:Spannungen


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ウィーン発 〓 国立歌劇場が2月第3週のストリーミング配信のラインナップを発表、新制作の《カルメン》も

  2. パリ発 〓 ハーディングの後任にクラウス・マケラ、パリ管の次期音楽監督

  3. ニューヨーク発 〓 カーネギー・ホールが年内の公演をキャンセル

  4. ストックホルム発 〓 トランペットの清水慶太郎がスウェーデン王立歌劇場の首席奏者に

  5. グラナダ発 〓 ルーカス・マシアス=ナバロがグラナダ市管の芸術監督に

  6. 訃報 〓 パトリック・ダヴァン, ベルギーの指揮者

  7. バート・イシュル発 〓 レハール音楽祭は作曲者の生誕150年祝えず

  8. サンフランシスコ発 〓 サンフランシスコ響が2020年のすべての公演をキャンセル

  9. ボストン発 〓 ボストン響も2020/2021シーズンのキャンセルを発表

  10. ロンドン発 〓 ランキング2018、オペラの一番人気は《椿姫》

  11. ベルリン発 〓 コーミッシェ・オーパーが5月1日までの公演をキャンセル、4月の公演のキャンセルはドイツでは初めて

  12. ミュンヘン発 〓 ヤンソンス追悼演奏会はメータが指揮

  13. マドリード発 〓 テアトロ・レアルの新シーズンはヴェルディ《仮面舞踏会》で開幕

  14. カーディフ発 〓 指揮者のトーマス・ハヌスがウェールズ・ナショナル・オペラとの契約を延長

  15. ポートランド発 〓 オレゴン響も楽団員と指揮者全員をレイオフ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。