ドレスデン発 〓 ザクセン州立歌劇場が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

2021/06/19

「ゼンパー・オパー」の愛称で知られるドレスデンのザクセン州立歌劇場(Sächsische Staatsoper Dresden)が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表した。新制作は以下の通り。

10月2日 – 31日
ベッリーニ《ノルマ》
[出演]ドミトロ・ポポフ / アレクサンドロス・スタヴラカキス / ヨランダ・アウヤネット / ステパンカ・プカルコヴァ / ロクサナ・インコントレーラ
[指揮]ガエタノ・デスピノーサ
[演出]ペーター・コンヴィチュニー

10月22日 – 11月7日
ヴェルディ《ドン・カルロ》
[出演]リッカルド・マッシ / ディナーラ・アリエワ / アンナ・ スミルノワ / ヴィタリー・コワリョフ / アンドレイ・ボンダレンコ
[指揮]イヴァン・レプシッチ
[演出]ヴェラ・ネミロヴァ

11月6日 – 12月19日
ロッシーニ《チェネレントラ》
[出演]エミリー・ダンジェロ / マキシム・ ミロノフ / マウリツィオ・ムラーロ / ピエトロ・スパニョーリ
[指揮]アレッサンドロ ・デ・マルキ
[演出]ダミアーノ・ミケレット

2022年1月14日 – 22日
シャイー《禿げたソプラノ》
[出演]ピーター・タンジッツ / ディララ・バスター / ドウカン・クラン / ジェニファー・リーデル
[指揮]ピエトロ・ボルゴノーヴォ
[演出]バルボラ・ホラーコヴァー

3月5日 – 7月9日
ヴェルディ《アイーダ》
[出演]クラッシミラ・ストヤノヴァ / フランチェスコ・メーリ / オクサーナ・ヴォルコヴァ / アレクサンドロス・スタヴラカキス / クイン・ケルシー / ゲオルク・ツェッペンフェルト
[指揮]クリスティアン・ティーレマン
[演出]カタリーナ・タールバッハ

4月2日 – 5月15日
プッチーニ《蝶々夫人》
[出演]クリスティーネ・オポライス / クリスタ・ マイヤー / フレディ・デ・トマーゾ / アドリアン・ティンパウ / アーロン・ペグラム
[指揮]オメール・メイア・ヴェルバー
[演出]宮本亜門

4月8日 – 24日
《ブルース・ブラザース》
[出演]ボッセ・フォークト / クリスティアン・ウェンツケ / デイヴィッド・ホイットレー / ヴァネッサ・ワイスコフ
[指揮]Max Renne
[演出]マンフレッド・ヴァイス

5月7日 – 6月11日
ドボルザーク《ルサルカ》
[出演]オレーシャ・ゴロヴネヴァ / パヴェル・チェルノフ / エレーナ・グーセワ / アレクサンドロス・スタヴラカキス / クリスタ・ マイヤー
[指揮]ヨアナ・マルヴィッツ
[演出]クリストフ・ロイ

5月21日 – 6月7日
ソンドハイム《イントゥ・ザ・ウッズ》
[出演]ベティーナ・ ヴァイヒェルト / アリクセ・ロッシ / アーロン・ペグラム / ルパート・グレシンガー / デイター・ベッケルト
[指揮]Max Renne
[演出]マンフレッド・ヴァイス

7月2日 – 13日
ショスタコーヴィチ《鼻》
[出演]マルクス・マルカルト / ジョセフ・デニス / アーロン・ペグラム / マルティン=ヤン・ネイホフ / ユルゲン・ミュラー
[指揮]ペトル・ポペルカ
[演出]ペーター・コンヴィチュニー

写真:Sächsische Staatsoper Dresden



    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ザルツブルク発 〓 夏の音楽祭はプログラムを組み直して開催を模索

  2. ウィーン発 〓 国立歌劇場が新制作の《椿姫》をストリーミング配信

  3. ロンドン発 〓 クラシック音楽雑誌「グラモフォン」が「アワード2020」を発表

  4. パリ発 〓 「France Musique」が年末年始、パリ国立オペラによるワーグナー《ニーベルングの指環》4部作をストリーミング配信

  5. 訃報 〓 オトマール・ボルヴィツキー, ドイツのチェロ奏者、ベルリン・フィルの元首席奏者

  6. 松本発 〓 セイジ・オザワ松本フェスティバルが開催断念を発表

  7. シュトゥットガルト発 〓 クルレンツィスが南西ドイツ放送響との契約を延長

  8. タンペレ発 〓 マシュー・ホールズがフィンランドのタンペレ・フィルの首席指揮者に

  9. グラナダ発 〓 クリスティアン・ツァハリアスがグラナダ市立管弦楽団の首席客演指揮者に

  10. ロンドン発 〓 発表、オペラ・アワード2018

  11. ソウル発 〓 ソウル・ポップス・オーケストラのウクライナ人3人がロシアの侵略から祖国を守るため帰国、従軍

  12. ミュンヘン発 〓 BR-KLASSIKが話題のドキュメンタリーを再掲載、ネトレプコ、ビリャソンの《椿姫》の舞台裏

  13. 訃報 〓 レイモンド・レッパード, 英国の指揮者

  14. シュヴェチンゲン発 〓 SWRシュヴェツィンゲン音楽祭が開催を断念

  15. ベルリン発 〓 コーミッシェ・オーパーが5月1日までの公演をキャンセル、4月の公演のキャンセルはドイツでは初めて

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。