ブラウンシュヴァイク発 〓 州立劇場が《蝶々夫人》のポスター・デザインを変更、旭日旗を連想させるという抗議受け

2020/02/15

旭日旗を連想させるポスターの使用はまかりならんー。ドイツのブラウンシュヴァイク州立劇場が11日、《蝶々夫人》のポスター・デザインを変更すると発表した。劇場オーケストラの中国、韓国出身のメンバーからの抗議を受けたのが原因。2018年までオーケストラの首席ヴィオラ奏者で、現在はライプツィヒのゲヴァントハウス管弦楽団の首席奏者を務めるキム・サラも劇場に抗議文を送ったという。

抗議を受けた《蝶々夫人》は新制作のプロダクションで、6月27日から7月15日まで市内中心部の広場に設けられる野外劇場で上演されるもの。ポスターは黒い地に旭日のイメージが広がり、そこに「Butterfly」の文字が掛かっている。演出を手掛けるアンドレア・シュヴァルバッハの演出プランでは、旭日のイメージ映像が床に映し出され、それが壊されるという日本賛美とは真逆の内容。

写真:Staatsorchester Braunschweig


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ロンドン発 〓 ギルドホール音楽演劇学校が休校、教員に感染者

  2. ノヴァーラ発 〓 名門「グイード・カンテルリ国際指揮者コンクール」が復活

  3. バイロイト音楽祭 〓 夏の音楽祭のチケットのネット販売を停止

  4. ミラノ発 〓 スカラ座で新たに二人の感染者

  5. ベルガモ発 〓 ドニゼッティ・オペラ・フェスティバルがネット上で特別ガラ・コンサート、投稿でドレスアップ度コンテストも

  6. ロサンゼルス発 〓 夏の風物詩「ハリウッドボウル」も開催中止

  7. フランクフルト発 〓 フランクフルト歌劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  8. リガ発 〓 エギルス・シリンスがラトビア国立オペラの総監督に

  9. ウィーン発 〓 国立歌劇場が6月のストリーミング配信のラインナップを発表

  10. ハノイ発 〓 ベトナムを代表するオペラ歌手、義兄に刺殺される

  11. 札幌発 〓 指揮者のマティアス・バーメルトが札響との契約を延長

  12. ベルリン発 〓 ベルリン放送響が2020/2021シーズンのラインナップを発表

  13. ウィーン発 〓 アン・デア・ウィーン劇場が新制作のベートーヴェン《フィデリオ》を上演前にストリーミング配信

  14. スウォンジー発 〓 ブリン・ターフェルが再婚

  15. ニューヨーク発 〓 ドミンゴがメトロポリタン歌劇場を“自主降板”

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。