ブラウンシュヴァイク発 〓 州立劇場が《蝶々夫人》のポスター・デザインを変更、旭日旗を連想させるという抗議受け

2020/02/15

旭日旗を連想させるポスターの使用はまかりならんー。ドイツのブラウンシュヴァイク州立劇場が11日、《蝶々夫人》のポスター・デザインを変更すると発表した。劇場オーケストラの中国、韓国出身のメンバーからの抗議を受けたのが原因。2018年までオーケストラの首席ヴィオラ奏者で、現在はライプツィヒのゲヴァントハウス管弦楽団の首席奏者を務めるキム・サラも劇場に抗議文を送ったという。

抗議を受けた《蝶々夫人》は新制作のプロダクションで、6月27日から7月15日まで市内中心部の広場に設けられる野外劇場で上演されるもの。ポスターは黒い地に旭日のイメージが広がり、そこに「Butterfly」の文字が掛かっている。演出を手掛けるアンドレア・シュヴァルバッハの演出プランでは、旭日のイメージ映像が床に映し出され、それが壊されるという日本賛美とは真逆の内容。

写真:Staatsorchester Braunschweig


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. パリ発 〓 国立オペラの新シーズン開幕は11月末に

  2. ローマ発 〓 ローマ歌劇場は14日に再開場、続いて野外公演

  3. マプト発 〓 女性オーボエ奏者がモザンビークの文化観光大臣に

  4. ハンブルク発 〓 第1回「ジェフリー・テイト」賞に若手ヴィオラ奏者のティモシー・リダウト

  5. パリ発 〓 国立オペラが演奏会形式で《ニーベルングの指環》4部作を通し上演

  6. ロンドン発 〓 ウィグモアホールが公演再開、内田光子も登場

  7. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が“Nightly Met Opera Streams”の第11週、第12週のラインナップ発表

  8. リンツ発 〓 州立劇場の首席指揮者にイングマール・ベック

  9. モスクワ発 〓 ボリショイ劇場の新シーズンは9月開幕、ネトレプコ出演の《ドン・カルロ》で

  10. ユトレヒト発 〓 ユトレヒト古楽音楽祭が開催中止を発表、9月開催で初

  11. ベルリン発 〓 劇場とホールの閉鎖は4月中旬まで

  12. 訃報 〓 ルース・ファルコン, アメリカのソプラノ歌手

  13. 高雄発 〓 台湾最大の総合芸術センターがオープン

  14. コペンハーゲン発 〓 ルイージがデンマーク放送響との契約延長

  15. ブカレスト発 〓 国立歌劇場のスタッフが新型コロナウイルスに感染、当面の公演をキャンセル

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。