ブラウンシュヴァイク発 〓 州立劇場が《蝶々夫人》のポスター・デザインを変更、旭日旗を連想させるという抗議受け

2020/02/15

旭日旗を連想させるポスターの使用はまかりならんー。ドイツのブラウンシュヴァイク州立劇場が11日、《蝶々夫人》のポスター・デザインを変更すると発表した。劇場オーケストラの中国、韓国出身のメンバーからの抗議を受けたのが原因。2018年までオーケストラの首席ヴィオラ奏者で、現在はライプツィヒのゲヴァントハウス管弦楽団の首席奏者を務めるキム・サラも劇場に抗議文を送ったという。

抗議を受けた《蝶々夫人》は新制作のプロダクションで、6月27日から7月15日まで市内中心部の広場に設けられる野外劇場で上演されるもの。ポスターは黒い地に旭日のイメージが広がり、そこに「Butterfly」の文字が掛かっている。演出を手掛けるアンドレア・シュヴァルバッハの演出プランでは、旭日のイメージ映像が床に映し出され、それが壊されるという日本賛美とは真逆の内容。

写真:Staatsorchester Braunschweig


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ロンドン発 〓 「オペラ・アワード2020」、ノミネート作品を発表

  2. ミュンヘン・オペラ・フェスティバル 〓 2019年の新作は《サロメ》と《アグリッピーナ》

  3. マドリッド発 〓 ドミンゴ、セクハラを謝罪

  4. チューリッヒ発 〓 チューリッヒ歌劇場が“週末ストリーミング”を開始

  5. ニューヨーク発 〓 ラトルが《薔薇の騎士》で1日だけ代役を依頼

  6. 京都発 〓 指揮者の広上淳一が京都コンサートホールの館長に

  7. ライプツィヒ発 〓 ゲヴァントハウス管が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表、目玉は「マーラー・フェス」

  8. ベルリン発 〓 コンツェルトハウスが無観客公演をストリーミング中継

  9. ロサンゼルス発 〓 第62回「グラミー賞」決まる

  10. ウィーン発 〓 国立歌劇場の世界初演《オルランド》で演出家が交代

  11. トゥールーズ発 〓 トゥガン・ソヒエフがキャピトル国立管との契約を延長

  12. 訃報 〓 ヴェルナー・アンドレアス・アルベルト, オーストリアの指揮者

  13. ベルリン発 〓 ベルリン・シュターツカペレが創立450年

  14. サンフランシスコ発 〓 サンフランシスコ・オペラの次期音楽監督にキム・ウンソン

  15. デトロイト発 〓 デトロイト響の次期音楽監督にヤデル・ビニャミーニ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。