デュッセルドルフ発 〓 作曲家メンデルスゾーンの銅像の修復工事終了

2021/04/30

デュッセルドルフ市が作曲家メンデルスゾーン(1809-1847)の銅像の修復が終わったと発表した。銅像は1901年に市民から寄贈で建立されたが、1940年にユダヤ系であることからナチスによって破壊され、2012年になってライン・ドイツ・オペラ前の広場に復元された。傾きが認められたことで昨年5月から修復工事が行われていた。

デュッセルドルフは1833年から1835年にかけ、メンデルスゾーンが市の音楽監督を務めたゆかりの街。その後、彼はライプツィヒに活動の場を移したが、1836年にはデュッセルドルフで行われていた「ニーダーライン音楽祭」で新作のオラトリオ《聖パウロ》を自ら指揮して初演、シューマンから「現代の至宝」と絶賛されている。

写真:Landeshauptstadt Düsseldorf / Michael Gstettenbauer


関連記事

  1. ラヴェンナ発 〓 イタリアで劇場閉鎖相次ぐ

  2. ローマ発 〓 カウフマンが新たに《オテロ》を録音

  3. 訃報 〓 カミラ・ウィックス, 米国のヴァイオリン奏者

  4. ドレスデン音楽祭 〓 2021年の音楽祭概要を発表、テーマは「対話」

  5. トリノ発 〓 リッカルド・ムーティがストリーミングのための《コジ・ファン・トゥッテ》を指揮してトリノ歌劇場にデビュー

  6. ロンドン発 〓 フィルハーモニア管の次期首席指揮者にサントゥ=マティアス・ロウヴァリ

  7. 横浜発 〓 神奈川フィルが創立50周年

  8. ウィーン発 〓 国立歌劇場は予定通り、9月7日に新シーズンを開幕

  9. ウィーン発 〓 ヤンソンス、キャンセル続く

  10. ウイニペグ発 〓 ウイニペグ響が楽団員111人全員をレイオフ

  11. 大津発 〓 沼尻竜典が2023年で「びわ湖ホール」芸術監督を退任、バトンは阪哲朗に

  12. プラハ発 〓 プラジャーク・クヮルテットが2021年に解散

  13. トリノ発 〓 テアトロ・レッジョのトップ3が相次いで辞任

  14. ワルシャワ発 〓 台湾政府がショパン国際ピアノ・コンクールに抗議、国名表記めぐり

  15. モントルー発 〓 ローザンヌ国際バレエ・コンクールの第1位にイタリアのマルコ・マシャーリ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。