ニューヨーク発 〓 ドローラ・ザジックが引退を表明

2019/09/06
【最終更新日】2019/10/17

メゾ・ソプラノ歌手のドローラ・ザジック(Dolora Zajick)がオペラからの引退を表明した。来年5月のニューヨーク・メトロポリタン歌劇場の出演が最後になるという。ザジックは5月2日、6日、9日にヤナーチェク《カーチャ・カバノヴァー》に出演、義母カバニハを歌う。ザジックは1952年生まれで、68歳での引退となる。

オレゴン州生まれのネバダ州で育ち。ネバダ大学で医学を学ぶかたわら、地元の合唱団で活躍。そこで音楽の才能を見出された。その後、ニューヨークのマンハッタン音楽院で学んだ。在学中の1982年、チャイコフスキー国際コンクールの声楽部門で第3位に入賞、12年ぶりの米国人入賞者となった。

その後、サンフランシスコ・オペラの若手プログラムで研鑽を積み、1986年にヴェルディ《イル・トロヴァトーレ》のアズチェーナを歌ってプロ・デビュー。1988年にはアズチェーナでメトロポリタン歌劇場にもデビュー、その後、欧米の著名な歌劇場で活躍してきた。

写真:Inter Musica / David Sauer


関連記事

  1. 訃報 〓 ネッド・ローレム(99)米国の作曲家

  2. 訃報 〓 ウィリー・バーマン(80)米国のダンス教師

  3. 訃報 〓 アンドリュー・デイヴィス(80)英国の指揮者

  4. シカゴ発 〓 音楽監督の報酬、全米一位はシカゴ交響楽団のムーティ

  5. 訃報 〓 マルチェッラ・レアーレ(84)米国のソプラノ歌手

  6. シカゴ発 〓 リリック・オペラの次期音楽監督にエンリケ・マッツォーラ

  7. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場がアイーダ・ガリフッリーナの出演をキャンセル

  8. ウィーン発 〓 ニューイヤー・コンサートの「ラデツキー行進曲」のアレンジを一新

  9. サンフランシスコ発 〓 サロネンがサンフランシスコ響の音楽監督を退任、契約が切れる2023/2024シーズンをもって

  10. クリーブランド発 〓 オーストリアの実業家がマーラーの交響曲第2番《復活》の自筆譜をクリーブランド管に寄贈

  11. ワシントン発 〓 ケネディー・センターがナショナル響の楽団員をレイオフ

  12. クリーヴランド発 〓 クリーヴランド管が3月から6月にかけての公演をキャンセル

  13. 訃報 〓 ブラムウェル・トーヴィー(69)英国の指揮者

  14. ケムニッツ発 〓 ギレルモ・ガルシア・カルヴォが市立劇場との契約を延長

  15. レイクシティ発 〓 パイプオルガン大手ドブソン本社が全焼

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。