訃報 〓 ジークフリート・クルツ(92)ドイツの指揮者

2023/01/11
【最終更新日】2023/02/05

ドイツの指揮者ジークフリート・クルツ(Siegfried Kurz)が7日、故郷ドレスデンで亡くなった。92歳だった。旧東ドイツのドレスデン国立歌劇場、ベルリン国立歌劇場の音楽総監督、首席指揮者などを歴任した東ドイツのオペラ界の重鎮。作曲家としても活躍した。

1930年、ドレスデンの生まれ。ドレスデン音楽院(現在のカール・マリア・フォン・ウェーバー音楽大学)でフィデリオ・フリードリヒ・フィンケに作曲、エルンスト・ヒンツェに指揮法、エドゥアルト・ザイフェルトにトランペットを師事。在学中の1949年からドレスデン国立歌劇場の劇音楽担当の指揮者として音楽活動を始めた。

1960年からはオペラの指揮者陣に加わり、1971年から1975年まで音楽総監督(GMD)を務め、1975年から1983年にかけて芸術監督も務めた。その後、1983年から1988年にかけてベルリン国立歌劇場の首席指揮者も務めた。

カペルマイスター(楽長)タイプでレパートリーは極めて広く、数多くのオペラを指揮。また、20世紀のオペラにも強い関心を寄せ、当局との間で緊張を孕みながら、シェーンベルク《モーゼとアロン》、ウド・ツィンマーマンの《レヴィンの水車》といった作品の上演に取り組んだ。

指揮者活動のかたわら、1950年代から1970年代にかけて作曲活動にも取り組み、トランペット協奏曲をはじめ、管弦楽を中心に幅広いジャンルに作品を残している。また、1979年から母校の作曲科で教鞭も執っている。

1973年にドレスデン国立歌劇場管弦楽団(=ドレスデン・シュターツカペレ)を率いて初来日。1978年にオーケストラと再び来日し、1981年には歌劇場の引っ越し公演で《薔薇の騎士》と《魔弾の射手》を指揮した。ベルリン国立歌劇場の1987年の引っ越し公演では《後宮からの逃走》や《サロメ》を指揮している。

録音も数多く、中でも、ドレスデン国立歌劇場管弦楽団を指揮して1978年に録音されたチャイコフスキーの交響曲第5番の録音などが名盤として知られる。

写真:Sächsischen Staatstheaters


関連記事

  1. ライプツィヒ発 〓 市立オペラが新制作の《ローエングリン》でカタリーナ・ワーグナーの新演出を断念、コロナ禍でリセウ劇場との共同制作進まず

  2. 東京発 〓 東響が「ニコ動」で「第九」公演をライブ配信、ステージには過去最多のカメラ40台

  3. ニューヨーク発 〓 ニューヨーク・フィルが2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表、次期音楽監督めぐり注目集める客演指揮者たち

  4. ハイファ発 〓 ハイファ交響楽団の次期音楽監督にヨエル・レヴィ

  5. ブルノ発 〓 ブルノ国民劇場がヤナーチェクのオペラ《運命》をライブ・ストリーミング

  6. タリン発 〓 エストニア国立響の次期音楽監督にオラリー・エルツ

  7. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場がゲルブ総裁との契約を延長

  8. ストックホルム発 〓 トランペットの清水慶太郎がスウェーデン王立歌劇場の首席奏者に

  9. 東京発 〓 東京交響楽団の新しい楽団長にヴァイオリンの廣岡克隆

  10. ウィーン発 〓 アン・デア・ウィーン劇場が新制作のベートーヴェン《フィデリオ》を上演前にストリーミング配信

  11. ウィーン発 〓 国立歌劇場がストリーミング第2週のラインナップを発表、新制作の《ドン・ジョヴァンニ》もライブ配信

  12. 訃報 〓 クルト・アツェスベルガー, オーストリアのテノール歌手

  13. ブレーメン発 〓 市立劇場の次期音楽総監督にシュテファン・クリンゲレ

  14. ペルミ発 〓 クルレンツィス&ムジカ・エテルナのベートーヴェン交響曲第1弾が登場

  15. ノヴァーラ発 〓 名門「グイード・カンテルリ国際指揮者コンクール」が復活

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。