ウィーン発 〓 国立歌劇場のマイヤー総裁が「ドミンゴとの契約を履行」

2019/08/31
【最終更新日】2019/10/17

世界的オペラ歌手プラシド・ドミンゴ(Plácido Domingo)にセクシャル・ハラスメント疑惑が浮上していることについて、ウィーン国立歌劇場(Vienna State Opera)のドミニク・マイヤー(Dominique Meyer)総裁がオーストリア通信(APA)の取材に答え、この10月と来年6月の出演に変更がないことを明らかにした。ドミンゴは10月に《マクベス》に出演、6月には《ナブッコ》に出演した後、《椿姫》を指揮することになっている。

今回の疑惑は、13日に米国のAP通信が過去の被害を訴える9人の女性の告白記事を配信して表面化。ドミンゴが2003年から総監督を務めるロサンゼルス・オペラが第三者委員会による調査に乗り出した他、フィラデルフィア管弦楽団とサンフランシスコ・オペラが公演をキャンセル。一方で、ザルツブルク音楽祭などはスケジュールを変更せず、音楽界の対応が分かれている。

取材にマイヤー総裁は「報道でこれらの疑惑を知った時、私は非常に心配しましたが、私は詳細を判断する立場になく、同時にそれらを軽視したくありませんでした。私はドミンゴを事前審査することはしません。オーストリアは法の支配の下にあります。これまでに提示された事実は、以下の通りです」として、彼に対して警察の捜査が行われていない、ロサンゼルス・オペラが調査を開始した、無罪の推定が適用される、私たちに対する同種の申し立てがないことを知っている、と指摘。ドミンゴとの既存の契約を履行しない法的に正当な理由がないとしている。

Salzburger Festspiele / Marco Borrelli


関連記事

  1. ミラノ発 〓 スカラ座がストリーミング配信の次期ラインナップを発表

  2. ベルリン発 〓 コーミッシェ・オーパーの再開場は少なくともイースター明け

  3. ベルリン発 〓 ベルリン州立歌劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  4. ミュンヘン発 〓 マーリス・ペーターゼン、ヴォルフガング・アプリンガー=シュペルハッケにバイエルン州から「宮廷歌手」の称号

  5. ブリュッセル発 〓 モネ劇場が無料のストリーミング配信を開始、その名も“ストリーミング・フェスティバル”

  6. パリ発 〓 フランス国立管弦楽団のソロ・フルート奏者にシルビア・カレッドゥ

  7. ブレゲンツ音楽祭 〓 2024年と2025年のオペラはウェーバー《魔弾の射手》

  8. ロサンゼルス発 〓 ジェームズ・コンロンがロサンゼルス・オペラとの契約を延長

  9. 訃報 〓 チャールズ・ウォリネン, 米国の作曲家

  10. ロンドン発 〓 英国が興業チケットの付加価値税を20%から5%に引き下げ

  11. トゥール発 〓 サントル=ヴァル・ド・ロワール交響楽団の首席客演指揮者にベネズエラの女流指揮者グラス・マルカーノ

  12. ザルツブルク発 〓 国際モーツァルト財団が来年の「モーツァルト週間」の公演ラインナップを発表

  13. ハンブルク発 〓 州立歌劇場が新制作の《マノン》をストリーミング配信

  14. ロンドン発 〓 演出家のグレアム・ヴィック、指揮者のジェーン・グラヴァーに「サー」と「デイム」の称号

  15. バイロイト発 〓 バイロイト音楽祭が総監督カタリーナ・ワグナーの長期療養を発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。