ウィーン発 〓 国立歌劇場のマイヤー総裁が「ドミンゴとの契約を履行」

2019/08/31

世界的オペラ歌手プラシド・ドミンゴ(Plácido Domingo)にセクシャル・ハラスメント疑惑が浮上していることについて、ウィーン国立歌劇場(Vienna State Opera)のドミニク・マイヤー(Dominique Meyer)総裁がオーストリア通信(APA)の取材に答え、この10月と来年6月の出演に変更がないことを明らかにした。ドミンゴは10月に《マクベス》に出演、6月には《ナブッコ》に出演した後、《椿姫》を指揮することになっている。

今回の疑惑は、13日に米国のAP通信が過去の被害を訴える9人の女性の告白記事を配信して表面化。ドミンゴが2003年から総監督を務めるロサンゼルス・オペラが第三者委員会による調査に乗り出した他、フィラデルフィア管弦楽団とサンフランシスコ・オペラが公演をキャンセル。一方で、ザルツブルク音楽祭などはスケジュールを変更せず、音楽界の対応が分かれている。

取材にマイヤー総裁は「報道でこれらの疑惑を知った時、私は非常に心配しましたが、私は詳細を判断する立場になく、同時にそれらを軽視したくありませんでした。私はドミンゴを事前審査することはしません。オーストリアは法の支配の下にあります。これまでに提示された事実は、以下の通りです」として、彼に対して警察の捜査が行われていない、ロサンゼルス・オペラが調査を開始した、無罪の推定が適用される、私たちに対する同種の申し立てがないことを知っている、と指摘。ドミンゴとの既存の契約を履行しない法的に正当な理由がないとしている。

Salzburger Festspiele / Marco Borrelli


関連記事

  1. ベルリン発 〓 ベルリン州立歌劇場、2018/2019シーズンのラインナップを発表

  2. 訃報 〓 ゲルト・ザイフェルト, ドイツのホルン奏者

  3. 山形発 〓 阪哲朗が山形交響楽団の常任指揮者に

  4. ヘルシンキ発 〓 スザンナ・マルッキがヘルシンキ・フィルとの契約延長

  5. ミュンヘン発 〓 カウフマンにマキシミリアン勲章

  6. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場、セクハラ問題でレヴァインを解雇

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。