ベルリン発 〓 カウンターテナーのヨッヘン・コヴァルスキが引退

2022/12/06

カウンターテナー歌手の先駆者として活躍してきたドイツのヨッヘン・コヴァルスキ(Jochen Kowalski)が5日、ベルリン州立オペラのモンテヴェルディ《ポッペアの戴冠》に出演、それを最後にオペラの舞台から引退した。

コヴァルスキは1954年、旧東ドイツ・ヴァホウ生まれの68歳。ベルリン国立歌劇場の小道具係を5年間務めた後、テノール歌手をめざしてベルリン音楽大学で学び、続いてハンス・アイスラー音楽大学でマリアンネ・フィッシャー=クプファーに師事した。

その過程で師の夫でコーミッシェ・オーパーを率いていた演出家のハリー・クプファーに認められ、卒業後の1983年にベルリン・コーミッシェ・オーパーの歌手陣に加わった。1984年にヘンデルの《ジュスティーノ》に出演して注目され、1987年のグルック《オルフェオとエウリディーチェ》でも成功を収めた。

その後、ドイツ統一で国際的な活躍が始まり、1991年にはウィーン国立歌劇場、ロイヤル・オペラ・ハウス、1994年にメトロポリタン歌劇場に相次いでデビュー。その年、「宮廷歌手」の称号を授与されている。1995年にはザルツブルク音楽祭にも出演、カウンターテナーの第一人者として活躍を続けてきた。

写真:Staatsoper Unter den Linden


関連記事

  1. ロンドン発 〓 英国のクラシック音楽雑誌「グラモフォン」の「オーケストラ・オブ・ザ・イヤー」一般投票始まる

  2. ベルリン発 〓 ドイツのオペラ雑誌「Oper Magazin」が年間賞を発表

  3. ロンドン発 〓 ロンドン・フィルの首席ホルンに20歳のアンネマリー・フェデーレ

  4. 金沢発 〓 広上淳一、オーケストラ・アンサンブル金沢のアーティスティック・リーダーに

  5. ヘルシンキ発 〓 シベリウス・コンクールがロシア人二人の参加を取消

  6. サンフランシスコ発 〓 マイケル・ティルソン・トーマスの名前を付けた「MTTウェイ」誕生

  7. 訃報 〓 ヴィルジニア・ゼアーニ(95)ルーマニア出身のソプラノ歌手

  8. ギュータースロー発 〓 若手歌手のための国際コンクール「新しい声」が終了

  9. ミュンヘン発 〓 バイエルン放送響が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  10. ワシントン発 〓 ナショナル響がロンドン響のレーベル「LSO Live」からアルバムをリリース

  11. プロヴディフ発 〓 ソプラノのソーニャ・ヨンチェヴァに名誉市民の称号

  12. アムステルダム発 〓 指揮者のエド・デ・ワールトが引退を発表

  13. ニューヨーク発 〓 ピューリッツァー賞の音楽賞にオペラ《オマール》

  14. マドリッド発 〓 テアトロ・レアルが新制作のプッチーニ《トスカ》をストリーミング配信

  15. ハンブルク発 〓 「ドイツ・グラモフォン」がブルース・リューと独占録音契約

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。