訃報 〓 ラドミル・エリシュカ(88)チェコの指揮者

2019/09/02
【最終更新日】2023/02/16

チェコの指揮者ラドミル・エリシュカ(Radomil Eliška)が亡くなった。88歳だった。ブルノ音楽大学で学んだ後、1969年から1990年までチェコ西部カルロヴィ・ヴァリ交響楽団の首席指揮者兼音楽監督を務めた。

1978年からプラハ音楽大学で指揮法を指導、1996年から2008年まで指揮科教授を務めた。また、プラハ芸術アカデミーでも指導に当たり、ヤクブ・フルシャらを育てた。

2004年に初来日して東京フィルハーモニー交響楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団を指揮。その後、日本のオーケストラに次々に客演、「遅れてきた巨匠」として注目を集めた。2008年から札幌交響楽団の首席客演指揮者に就任2015年から名誉指揮者)、数多くの録音を残している。

写真:Sapporo Symphony Orchestra


関連記事

  1. ウィーン発 〓 作曲家のオルガ・ノイヴィルトにオーストリア政府が科学・芸術名誉十字章

  2. カルロヴィ・ヴァリ発 〓 市議会が地元オーケストラの楽団長を突如解任、それを受けて首席指揮者が抗議の辞任、楽団員は解任撤回の署名集めをスタート

  3. ノールショピング発 〓 ノールショピング交響楽団の首席指揮者兼芸術顧問にカール・ハインツ・シュテフェンス

  4. ロンドン発 〓 BBCコンサート・オーケストラの首席客演指揮者にアンナ=マリア・ヘルシング

  5. ケムニッツ発 〓 ギレルモ・ガルシア・カルヴォが市立劇場との契約を延長

  6. マリアーンスケー・ラーズニェ発 〓 “指揮者”ラデク・バボラークが西ボヘミア交響楽団の首席指揮者に

  7. シカゴ発 〓 ムーティーがシカゴ響の音楽監督退任を示唆

  8. ベルリン発 〓 ドイツのオペラ雑誌「オペルンヴェルト」が「オブ・ザ・イヤー」を発表

  9. シカゴ発 〓 リリック・オペラの次期音楽監督にエンリケ・マッツォーラ

  10. 東京発 〓 ロイヤル・オペラ・ハウス「シネマシーズン2019/20」スケジュール発表

  11. ベルリン発 〓 第2回「オーパス・クラシック賞」決まる

  12. サンフランシスコ発 〓 サンフランシスコ・オペラの次期音楽監督にキム・ウンソン

  13. ベルゲン発 〓 エドワード・ガードナーがベルゲン・フィルとの契約を延長

  14. ニューヨーク発 〓 ラトルが《薔薇の騎士》で1日だけ代役を依頼

  15. ワシントン発 〓 ナショナル響がロンドン響のレーベル「LSO Live」からアルバムをリリース

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。