訃報 〓 ラドミル・エリシュカ, チェコの指揮者

2019/09/02

チェコの指揮者ラドミル・エリシュカ(Radomil Eliška)が亡くなった。88歳だった。ブルノ音楽大学で学んだ後、1969年から1990年までチェコ西部カルロヴィ・ヴァリ交響楽団の首席指揮者兼音楽監督を務めた。

1978年からプラハ音楽大学で指揮法を指導、1996年から2008年まで指揮科教授を務めた。また、プラハ芸術アカデミーでも指導に当たり、ヤクブ・フルシャらを育てた。

2004年に初来日して東京フィルハーモニー交響楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団を指揮。その後、日本のオーケストラに次々に客演、「遅れてきた巨匠」として注目を集めた。2008年から札幌交響楽団の首席客演指揮者に就任2015年から名誉指揮者)、数多くの録音を残している。

写真:Sapporo Symphony Orchestra


関連記事

  1. ロンドン発 〓 世界最大級の名物録音スタジオ売却へ

  2. レイキャビク発 〓 エヴァ・オッリカイネンがアイスランド響の首席指揮者兼芸術監督に

  3. ブダペスト発 〓 ハンガリー国立歌劇場が初の米国ツアー

  4. ラス・パルマス発 〓 「オペラ・ラス・パルマス」が2019シーズンのラインナップを発表

  5. ミラノ発 〓 スカラ座がサウジアラビアからの資金提供を拒否

  6. バルセロナ発 〓 カタリーナ・ワーグナーがリセウ劇場《ローエングリン》を演出

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。