ミュンヘン発 〓 ゲルントナープラッツ州立劇場の次期首席指揮者にアルゼンチン出身のルベン・ドゥブロフスキー

2021/09/14

ミュンヘンのゲルントナープラッツ劇場(Staatstheater am Gartnerplatz)が次期首席指揮者にアルゼンチン出身のルベン・ドゥブロフスキー(Ruben Dubrovsky)を迎えると発表した。2017年からその任にあったアントニー・ブラモルの後任で、任期は2023/2024シーズンから。

ドゥブロフスキーはアルゼンチン・ブエノスアイレス生まれの52歳。デトモルト音楽大学で学び、 1999年に「アンサンブル・バッハ・コンソート・ウィーン」を、2016年にはシカゴで「サード・コースト・バロック」を設立するかたわら、ヨーロッパのオーケストラ、歌劇場に客演を続けている。

写真:ORF

もっと詳しく ▷

関連記事

  1. ポズナン発 〓 ヴィエニャフスキ国際ヴァイオリンコンクールは2022年にスライド

  2. ミラノ発 〓 スカラ座の《サロメ》は指揮者がメータからシャイーに

  3. ウィーン発 〓 国立歌劇場が4月第5週のストリーミング・ラインナップを発表、新制作の《ファウスト》はライブで

  4. サヴォンリンナ発 〓 フィンランド政府が500人を超えるイベントを禁止、サヴォンリンナ・オペラ・フェスティバルは中止に

  5. ドルトムント発 〓 市立オペラがガブリエル・フェルツとの契約を延長

  6. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場がゲルブ総裁との契約を延長

  7. ライプチヒ発 〓 中部ドイツ放送響の首席指揮者にデニス・ラッセル・デイヴィス

  8. ロンドン発 〓 ユロフスキがロンドン・フィルと《リング》チクルス

  9. 訃報 〓 マルチェッロ・ジョルダーニ, イタリアのオペラ歌手

  10. ストラスブール発 〓 ラン国立オペラが2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  11. パリ発 〓 フランス国立管の組合がフランス放送フィルのストライキに同調

  12. プラハ発 〓 チェコ・フィルのコンサートマスターにヤン・フィッシャー、オルガ・シュロウブコバの後任

  13. フィレンツェ発 〓 フィレンツェ歌劇場の《リゴレット》でレオ・ヌッチが降板、代役にルカ・サルシ

  14. ペーザロ発 〓 ロッシーニ・オペラ・フェスティバルは開催

  15. ウィーン発 〓 ドミンゴ、国立歌劇場で80歳を祝う

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。