ザルツブルク復活祭音楽祭 〓 早くも2022年のプログラムを発表、オペラは《ローエングリン》

2021/06/10

今年の音楽祭自体が10月開催にスライドさせているザルツブルク復活祭音楽祭(Salzburger Osterfestspiele)が早くも、2022年のプログラムを発表した。2012年から音楽祭を支えてきたクリスティアン・ティーレマン(Christian Thielemann)とシュターツカペレ・ドレスデンのコンビは音楽祭との契約が2022年で切れるため最後の年となる。

発表によると、2022年のフェスティバルは4月9日から4月18日という日程。音楽祭の期間中、「ヘルベルト・フォン・カラヤン」賞の授賞式が行われるが、2022年はシュターツカペレ・ドレスデンに贈られるという。

上演されるオペラはワーグナー《ローエングリン》で、指揮はもちろん、ティーレマン。主人公ローエングリンにエリック・カトラー、エルザにジャクリン・ワグナーが起用される。演出はなんと、セルジオ・モラビト、アンナ・フィーブロック、ヨッシ・ヴィーラーがタッグを組む。

ティーレマンが指揮するオーケストラ・プログラムは、アントワン・タメスティを迎えてのバルトークのヴィオラ協奏曲、リヒャルト・シュトラウスのアルプス交響曲。ゲスト指揮者はトゥガン・ソヒエフで、ショスタコーヴィチの交響曲第7番《レニングラード》を指揮する。

また、「ザルツブルク・コンサート」の枠でチョン・ミョンフンも客演。チョン自身がピアノを弾き、ヴァイオリンのマティアス・ヴォロング、シュターツカペレの首席チェロ奏者のノルベルト・アンガーと組んでベートーヴェンの三重協奏曲。加えて、没後125年を迎えるブラームスの交響曲第4番を指揮する。

合唱付のプログラムはブルックナー・プログラムで、交響曲第9番とテ・デウム、讃歌《王の御旗は翻る》。歌手陣はカミラ・ニールンド、エレーナ・ツィトコーワ、エレナ・ジドコワ、サイミール・ピルグ、フランツ=ヨーゼフ・ゼーリヒという顔ぶれ。

音楽祭はニコラウス・バッハラーを新総裁に迎え、2023年からは毎年違う指揮者とオーケストラに出演してもらうスタイルに変更することを決めている。

写真:Salzburger Osterfestspiele / Matthias Creutziger


    もっと詳しく ▷

    音楽祭プロフィールはこちら ▷


関連記事

  1. バイロイト発 〓 新しい《ニーベルングの指環》で指揮者交代。インキネンが新型コロナでダウン、代役にマイスター

  2. レスター発 〓 英国の夏の音楽祭、ネヴィル・ホルト・オペラとバクストン・フェスティバルも開催を断念

  3. ウィーン発 〓 フォルクスオーパーの総監督に演出家のロッテ・デ・ベア

  4. ブレゲンツ発 〓 オーストリアのブレゲンツ音楽祭が「開催めざす」

  5. ウィーン発 〓 ジョン・ウィリアムズ、3月にウィーン・フィルと再びコンサート

  6. ザルツブルク復活祭音楽祭 〓 10月に延期

  7. ウィーン発 〓 アン・デア・ウィーン劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  8. パルマ発 〓 ヴェルディ・フェスティバルが2022年の音楽祭スケジュールを発表

  9. ウィーン発 〓 国立歌劇場が2月第3週のストリーミング配信のラインナップを発表、新制作の《カルメン》も

  10. ヴェルディ・フェスティバル 〓 2020年の音楽祭の詳細を発表

  11. ハレ・ヘンデル音楽祭 〓 2021年の開催中止を発表、コロナ禍による中止は2年連続

  12. ウィーン発 〓 バルトリが国立歌劇場にデビュー!

  13. ウィーン発 〓 カウフマンが「黄金の市庁舎の男」を受章

  14. ウィーン発 〓 ドミンゴ、国立歌劇場で80歳を祝う

  15. ヴェルビエ音楽祭 〓 新型コロナのクラスター発生で開幕コンサートは再度のプログラム変更、アカデミーは一時解散

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。