ウィーン発 〓 ニューイヤー・コンサートの「ラデツキー行進曲」のアレンジを一新

2019/12/15

ヨハン・シュトラウス1世作曲の「ラデツキー行進曲」といえば、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団が元旦に行っている「ニューイヤー・コンサート」の最後に演奏され、聴衆が演奏に合わせて手拍子で応えることで知られているが、ウィーン・フィルが来年2020年から新しいバージョンで演奏すると発表した。

これまで演奏されていたのは、シュトラウス1世のオリジナル版ではなく、オーストリア出身の作曲家レオポルト・ヴェーニンガー(Leopold Weninger)が編曲したバージョン。小規模なオーケストラ用に書かれたオリジナル版を、大編成のオーケストラ向けにアレンジしており、1946年にヨーゼフ・クリップスが初めて使ったという。それが使われなくなるのは、ヴェーニンガーがナチス党員で、党歌「ホルスト・ヴェッセルの歌」や「突撃隊行進曲」のアレンジなども多数手掛けている人物だったことが改めてクローズアップされたため。

ウィーン・フィルの説明によれば、ティンパニ、トライアングル、グロッケンなどのパート全体が削除されるなど、楽員たちによってかなりの手が加えられており、これまでもヴェーニンガーのアレンジ通りに演奏されているわけではないという。新しい楽譜については、これまでの変更を取り込んだ新版の作成を楽譜文書館に依頼しているが、実際にはこれまでのものとそれほどの違いはないとか。

写真:Vienna Philharmonic Orchestra / Dieter Nagl

関連記事

  1. ウィーン発 〓 国立歌劇場が6月のストリーミング配信のラインナップを発表

  2. モントリオール発 〓 テノールのジョセフ・カイザーが来年まで出演をキャンセル

  3. 訃報 〓 イヴォ・マレク, フランスの作曲家

  4. ベルリン発 〓 第2回「オーパス・クラシック賞」決まる

  5. 東京発 〓 ドミンゴが東京五輪イベントへの出演を辞退

  6. ウィーン発 〓 ウィーン響が鉄道での移動を優先、「カーボン・ニュートラル」の取り組みで

  7. 訃報 〓 ディナ・ウゴルスカヤ, ドイツのピアニスト

  8. 大津発 〓 びわ湖ホールが来年度の公演ラインナップを発表

  9. 訃報 〓 クルト・アツェスベルガー, オーストリアのテノール歌手

  10. ウィーン発 〓 オーストリア造幣局がザルツブルク音楽祭100周年記念銀貨を発行

  11. ニューヨーク発 〓 映画『The Song of Names』、北米での公開始まる

  12. ウィーン発 〓 国立歌劇場も3月いっぱい閉鎖

  13. パリ発 〓 ゼネスト、パリ国立オペラを直撃

  14. ウィーン発 〓 ウィーン・フィルが総裁二人に名誉会員の称号

  15. ウィーン発 〓 国立歌劇場の「オーパンバル」にアイーダ・ガリフッリーナとピョートル・ベチャワが出演

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。