ウィーン発 〓 ニューイヤー・コンサートの「ラデツキー行進曲」のアレンジを一新

2019/12/15

ヨハン・シュトラウス1世作曲の「ラデツキー行進曲」といえば、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団が元旦に行っている「ニューイヤー・コンサート」の最後に演奏され、聴衆が演奏に合わせて手拍子で応えることで知られているが、ウィーン・フィルが来年2020年から新しいバージョンで演奏すると発表した。

これまで演奏されていたのは、シュトラウス1世のオリジナル版ではなく、オーストリア出身の作曲家レオポルト・ヴェーニンガー(Leopold Weninger)が編曲したバージョン。小規模なオーケストラ用に書かれたオリジナル版を、大編成のオーケストラ向けにアレンジしており、1946年にヨーゼフ・クリップスが初めて使ったという。それが使われなくなるのは、ヴェーニンガーがナチス党員で、党歌「ホルスト・ヴェッセルの歌」や「突撃隊行進曲」のアレンジなども多数手掛けている人物だったことが改めてクローズアップされたため。

ウィーン・フィルの説明によれば、ティンパニ、トライアングル、グロッケンなどのパート全体が削除されるなど、楽員たちによってかなりの手が加えられており、これまでもヴェーニンガーのアレンジ通りに演奏されているわけではないという。新しい楽譜については、これまでの変更を取り込んだ新版の作成を楽譜文書館に依頼しているが、実際にはこれまでのものとそれほどの違いはないとか。

写真:Vienna Philharmonic Orchestra / Dieter Nagl

関連記事

  1. ウィーン発 〓 来年1月の《ナブッコ》で、ドミンゴが国立歌劇場にお別れ

  2. ベルリン発 〓 パク・キョンミンが韓国人として初めてベルリン・フィルに入団

  3. ロンドン発 〓 ユロフスキがロンドン・フィルと《リング》チクルス

  4. ロンドン発 〓 ジョシュア・ベルがアカデミー室内管との契約を延長

  5. ワシントン発 〓 ナショナル響がロンドン響のレーベル「LSO Live」からアルバムをリリース

  6. ウィーン発 〓 ウィーン国立歌劇場が4月後半のストリーミング配信のラインナップを発表

  7. ウィーン発 〓 国立歌劇場が6月のストリーミング配信のラインナップを発表

  8. ザルツブルク発 〓 バルトリが来年の聖霊降臨祭音楽祭の構想明らかに

  9. ロンドン発 〓 ランキング2018、オペラの一番人気は《椿姫》

  10. グラーツ発 〓 サンクト=マルガレーテンの野外オペラが開催を断念

  11. ウィーン発 〓 ヤンソンス、キャンセル続く

  12. 訃報 〓 ノルベルト・バラチュ, オーストリアの合唱指揮者

  13. ウィーン発 〓 ソプラノ歌手のリンダ・ワトソンに「宮廷歌手」の称号

  14. ブラティスラバ発 〓 スロヴァキア放送響激震、レナルトが復帰

  15. 訃報 〓 マリス・ヤンソンス, ラトビアの指揮者

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。