バイロイト音楽祭 〓 来年の《タンホイザー》はアクセル・コーバーが指揮!?

2019/08/02

来年の《タンホイザー》の指揮者にアクセル・コーバー(Axel Kober)が起用されるとドイツで報じられた。音楽祭の《タンホイザー》は今年、7月25日にトビアス・クラッツァーの新演出による新しいプロダクションを上演、その指揮にワレリー・ゲルギエフ(Valery Gergiev)が起用された。彼にとっては音楽祭デビューだったが、初日のカーテンコールで強烈なブーイングを浴び、ドイツ系メディアから手厳しい批判にさらされている。コーバーは2013年からデュッセルドルフにあるライン・ドイツ・オペラの音楽総監督。2013年、2014年に音楽祭で《タンホイザー》指揮している。

原因はゲルギエフが忙し過ぎて、オーケストラとのコミュニケーションが十分に取れなかったこと。音楽祭のオーケストラは、ドイツ各地から奏者を集めて編成される臨時編成。6月末から7月初めに練習がスタートするが、ゲルギエフはこの夏、ヴェルビエ音楽祭、ザルツブルク音楽祭、PMF(パシフィック・ミュージック・フェスティバル)の日程が入り込んで、《タンホイザー》のリハーサルも3回しかできず、しかも、うち2回はスタートが大幅に遅れる状況だったという。

写真:Deutsche Oper am Rhein / Susanne Diesner


関連記事

  1. ベルリン発 〓 クリストフ・エッシェンバッハがベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団の首席指揮者に

  2. ブレゲンツ音楽祭 〓 2021年、2022年はホモキ演出の《蝶々夫人》

  3. ガーシントン・オペラ 〓 2019年夏のラインナップを発表

  4. [ 新作オペラFLASH 2018 ]ザルツブルク音楽祭 〓 魔笛

  5. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立歌劇場、2018/2019シーズンのラインナップを発表

  6. ザルツブルク発 〓 ゲルギエフが《シモン・ボッカネグラ》を指揮して現場復帰

  7. ロサンゼルス発 〓 首席オーボエ奏者のオルテガ=クエロが就任早々にロサンゼルス・フィルを退団

  8. セイジ・オザワ松本フェスティバル 〓 小澤征爾が指揮予定の3公演を降板

  9. ミュンヘン発 〓 バイエルン放送交響楽団に新コンサートマスター

  10. トゥールーズ発 〓 キャピトル劇場が2018/2019シーズンのラインナップを発表

  11. 訃報 〓 ハンス・コックス, オランダの作曲家

  12. ウィーン発 〓 ウィーン・フィルが「オーケストラ・アカデミー」

  13. 東京発 〓 吹奏楽の聖地「普門館」を吹奏楽関係者に開放、解体工事前の11月に

  14. ザルツブルク音楽祭 〓 話題作《サロメ》を29日未明にストリーミング配信

  15. バイロイト音楽祭 〓 新作《ローエングリン》をライブ・ストリーミングで配信

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。