バイロイト発 〓 来年の音楽祭の《タンホイザー》はアクセル・コーバーが指揮!?

2019/08/02
【最終更新日】2023/03/02

来年の《タンホイザー》の指揮者にアクセル・コーバー(Axel Kober)が起用されるとドイツで報じられた。コーバーは2013年からデュッセルドルフにあるライン・ドイツ・オペラの音楽総監督。2013年、2014年に音楽祭で《タンホイザー》指揮している。

音楽祭の《タンホイザー》は今年、7月25日にトビアス・クラッツァーの新演出による新しいプロダクションを上演、その指揮にワレリー・ゲルギエフ(Valery Gergiev)が起用された。彼にとっては音楽祭デビューだったが、初日のカーテンコールで強烈なブーイングを浴び、ドイツ系メディアから手厳しい批判にさらされている。

原因はゲルギエフが忙し過ぎて、オーケストラとのコミュニケーションが十分に取れなかったこと。音楽祭のオーケストラは、ドイツ各地から奏者を集めて編成される臨時編成で、毎年6月末から7月初めに練習がスタートする。

しかし、ゲルギエフはこの夏、ヴェルビエ音楽祭、ザルツブルク音楽祭、PMF(パシフィック・ミュージック・フェスティバル)の日程が入り込んで、《タンホイザー》のリハーサルも3回しか行えなかった。しかも、うち2回はスタートが大幅に遅れるような状態だったという。

写真:Deutsche Oper am Rhein / Susanne Diesner


関連記事

  1. ドレスデン発 〓 ザクセン州立歌劇場が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  2. ミュンヘン発 〓 永田音響設計が「ガスタイク」の音響設計を担当

  3. ヴェローナ発 〓 アレーナ・ディ・ヴェローナが2024年の公演ラインナップを発表

  4. リューベック発 〓 フルートのカラパノスに今年の「レナード・バーンスタイン賞」、シュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭

  5. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルに初の女性コンサートマスター、第1ヴァイオリンのヴィネタ・サレイカ=フォルクナーが昇格

  6. シュトゥットガルト発 〓 クルレンツィスツィスがコンサートのプログラムを変更、ウクライナとロシアの作曲家の作品を同時に入れる

  7. ベルリン発 〓 カウンターテナーのヨッヘン・コヴァルスキが引退

  8. ハノーファー発 〓 州立劇場が音楽総監督のステファン・ジリアスとの契約を延長

  9. ベルリン発 〓 ベルリン・ドイツ・オペラが《ヘリアーネの奇跡》の再演を急きょ中止、テノール歌手の体調不良で

  10. モーツァルト週間 〓 音楽祭はオンライン開催へ

  11. トーレ・デル・ラーゴ発 〓 プッチーニ・フェスティバルが2022年の公演ラインナップを発表

  12. 訃報 〓 ヨハネス・シャーフ(86)ドイツの演出家

  13. ベルリン発 〓 ドイツは4月19日までの公演をキャンセル、州立歌劇場の音楽祭「フェストターゲ」は中止

  14. ベルリン発 〓 バレンボイム、80歳記念コンサートもキャンセル

  15. ベルリン発 〓 ペトレンコとベルリン・フィルもウクライナへの連帯を表明

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。