バイロイト音楽祭 〓 来年の《タンホイザー》はアクセル・コーバーが指揮!?

2019/08/02

来年の《タンホイザー》の指揮者にアクセル・コーバー(Axel Kober)が起用されるとドイツで報じられた。音楽祭の《タンホイザー》は今年、7月25日にトビアス・クラッツァーの新演出による新しいプロダクションを上演、その指揮にワレリー・ゲルギエフ(Valery Gergiev)が起用された。彼にとっては音楽祭デビューだったが、初日のカーテンコールで強烈なブーイングを浴び、ドイツ系メディアから手厳しい批判にさらされている。コーバーは2013年からデュッセルドルフにあるライン・ドイツ・オペラの音楽総監督。2013年、2014年に音楽祭で《タンホイザー》指揮している。

原因はゲルギエフが忙し過ぎて、オーケストラとのコミュニケーションが十分に取れなかったこと。音楽祭のオーケストラは、ドイツ各地から奏者を集めて編成される臨時編成。6月末から7月初めに練習がスタートするが、ゲルギエフはこの夏、ヴェルビエ音楽祭、ザルツブルク音楽祭、PMF(パシフィック・ミュージック・フェスティバル)の日程が入り込んで、《タンホイザー》のリハーサルも3回しかできず、しかも、うち2回はスタートが大幅に遅れる状況だったという。

写真:Deutsche Oper am Rhein / Susanne Diesner


関連記事

  1. ロンドン発 〓 イングリッシュ・ナショナル・オペラが土曜夜の公演を18歳以下に無料開放

  2. オーハイ音楽祭 〓 ソプラノのバーバラ・ハニガンがグラミー賞「ベスト・クラシック・ソロ・アルバム」を獲得

  3. チューリヒ発 〓 ジャナンドレア・ノセダがチューリヒ歌劇場の音楽総監督に

  4. レーゲンスブルク発 〓 台湾出身のチンジャオ・リンがレーゲンスブルク歌劇場の音楽総監督に

  5. シカゴ発 〓 シカゴ響がストに突入!?

  6. ニューヨーク発 〓 ワーナー・クラシックスが世界初のベルリオーズ作品全集

  7. ヴェルビエ音楽祭 〓 2019年の音楽祭のプログラムを発表

  8. バイロイト音楽祭 〓 2019年のスケジュールを発表

  9. ウィーン発 〓 ウィーン交響楽団が次期首席指揮者にオロスコ=エストラーダ

  10. ナンシー発 〓 ロレーヌ国立オペラが2018/2019シーズンのラインナップを発表

  11. アムステルダム発 〓 ホルンのケイティ・ウーリーがロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団の首席奏者に

  12. 浜松発 〓 若手演奏家のためのピアノ・アカデミー再スタートへ

  13. 東京発 〓 NHK交響楽団が2019/2020シーズンの公演ラインナップを発表

  14. ゲッティンゲン・ヘンデル音楽祭 〓 次期音楽監督にジョージ・ペトロウ

  15. ヘルシンキ発 〓 ミリアム・ヘリン国際声楽コンクールに474人が応募

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。