ベルリン発 〓 ジョン・ウィリアムズ、2月で90歳。ベルリン・フィルとのライブ・アルバムのリリースあり、ケネディ・センターでは3日間のフェスティバルも

2022/01/20

映画音楽界の大巨匠ジョン・ウィリアムズ(John Williams)が2月8日に90歳を迎える。それに先立つ4日、昨年10月にベルリン・フィルハーモニー管弦楽団を指揮したライブ・アルバムがリリースされる他、ワシントンのケネディ・センターでは6月22日から24日にかけて3日間のフェスティバルが行われる。

ウィリアムズはスティーブン・スピルバーグ監督作品を中心に数多くの映画音楽を手掛けてきたハリウッド映画音楽のレジェンド。グラミー賞受賞25回、アカデミー賞受賞5回、エミー賞5回、ゴールデン・グローブ賞4回の受賞歴を誇る。一昨年はウィーン・フィルハーモニー管弦楽団に指揮者デビュー、そのライブ盤は世界的な大ヒットを記録、2020年に最も売れたクラシック・アルバムとなった。

今回のベルリン盤は昨年10月14日から16日に行われたコンサートを収録したもの。「スーパーマン・マーチ」や「王座の間とエンドタイトル」、1984年のロサンゼルス・オリンピックのテーマ曲「オリンピック・ファンファーレとテーマ」といったウィーン盤には収録されていない曲が収録されている。

写真:Deutsche Grammophon


関連記事

  1. ベルゲン発 〓 ベルゲン・フィルがオンライン音楽祭「ウィンターメッツォ」をスタート

  2. ワシントン発 〓 ナショナル響がロンドン響のレーベル「LSO Live」からアルバムをリリース

  3. テルアビブ発 〓 2020年の「オペラリア」はテルアビブで開催

  4. マルチナ・フランカ発 〓 ヴァッレ・ディートリア音楽祭の次期芸術監督にセバスチャン・シュワルツ

  5. ハノーファー発 〓 州立劇場の次期音楽総監督にステファン・ジリアス

  6. ウィーン発 〓 「ヘルムート・ドイチュ国際歌曲コンクール」でテノールの尼子広志が優勝

  7. ドレスデン発 〓 ザクセン州立歌劇場が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  8. ロサンゼルス発 〓 2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  9. モントリオール発 〓 テノールのジョセフ・カイザーが来年まで出演をキャンセル

  10. ブラティスラバ発 〓 スロヴァキア放送響激震、レナルトが復帰

  11. ウィーン発 〓 アン・デア・ウィーン劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  12. アムステルダム発 〓 オランダのホール、また閉鎖

  13. ウィーン発 〓 フォルクスオーパーの総監督に演出家のロッテ・デ・ベア

  14. ブリスベン発 〓 オペラ・オーストラリアがこの冬の《ニーベルングの指環》の新製作を断念

  15. カンザスシティ発 〓 ヴァイオリンの岩崎潤がカンザスシティ響のコンサートマスターに

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。