訃報 〓 クリスティアン・シュターデルマン, ドイツのヴァイオリン奏者

2019/08/01

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(Berliner Philharmoniker)の第2ヴァイオリンのセクションの第1首席奏者を務めてきたクリスティアン・シュターデルマン(Christian Stadelmann)が7月26日に亡くなった。60歳だった。1959年、ベルリン生まれ。ベルリン芸術大学でトーマス・ブランディスに師事した後、ユンゲ・ドイチェ・フィルハーモニー管弦楽団の団員を経て、1985年にベルリン・フィル入団した。それから2年で第1首席奏者に昇格している。

オーケストラでは20年以上にわたり「評議会」の5人のメンバーを務めていた他、第1コンサートマスターのダニエル・シュタブラーヴァ率いる「フィルハーモニア・カルテット ベルリン」のメンバーとして活動していた。また、そのかたわら、オーケストラで演奏する音楽家を育成する目的で1972年に設立された「カラヤン・アカデミー」で後進の指導に当たっていた。

写真:Berliner Philharmoniker


関連記事

  1. ロンドン発 〓 イングリッシュ・ナショナル・オペラが土曜夜の公演を18歳以下に無料開放

  2. シカゴ発 〓 ムーティーが労働協約めぐり楽団員を擁護

  3. サバンナ発 〓 原田慶太楼が米国サバンナ・フィルハーモニックの音楽・芸術監督に

  4. サンディエゴ発 〓 エド・デ・ワールトがサンディエゴ響の首席客演指揮者に

  5. ソウル発 〓 ソウル市立交響楽団の首席指揮者にオスモ・ヴァンスカ

  6. ニューヨーク発 〓 アラーニャがメトロポリタン歌劇場《サムソンとデリラ》の第3幕を降板

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。