バイロイト発 〓 バイロイト音楽祭の《ワルキューレ》でヴォータン役のトマス・コニエチュニーが怪我で途中降板

2022/08/03

ドイツのバイロイト音楽祭で8月1日、《ワルキューレ》の第2幕でヴォータン役のポーランドのバス・バリトン歌手トマス・コニエチュニーが舞台上で負傷、第3幕から代役が歌うという“事件”が起きた。幸いにも怪我は軽く、コニエチュニーは3日に上演される《ジークフリート》で、予定通りさすらい人を歌うという。

音楽祭の発表によると、コニエチュニーは肘掛け椅子の背もたれに倒れこんだ際に椅子が壊れて怪我をしたという。そのまま出演を続けたが、痛みがひどくなったことから第2幕で降板。第3幕からミヒャエル・クプファー=ラデツキーが代役に立った。5日に予定されている《神々の黄昏》でグンターを歌いうためバイロイト入りしていたという。

今年のバイロイト音楽祭では、7月31日から新演出の《ニーベルングの指環》の上演が始まり、1日は《ワルキューレ》の初日だった。コニエチュニー自身が当初予定されたジョン・ラングレンの出演キャンセルを受け、その代役として《ワルキューレ》のヴォータン役に起用されていた。

写真:Bayreuther Festspiele / Enrico Nawrath


関連記事

  1. イエナ発 〓 指揮者のシモン・ガウデンツが音楽総監督を務めるイエナ・フィルとの契約を延長

  2. ブラティスラヴァ発 〓 スロヴァキア・フィルの次期首席指揮者にダニエル・ライスキン

  3. 訃報 〓 セルゲイ・ドレンスキー(88)ロシアのピアニスト

  4. ナポリ発 〓 サン・カルロ劇場が次期音楽監督にダン・エッティンガー

  5. 東京発 〓 滋賀県立芸術劇場びわ湖ホールと沼尻竜典が「第51回ENEOS音楽賞」洋楽部門を受賞

  6. ベルリン発 〓 ドイツの音楽家6人が音楽家への支援を訴える書簡を文化大臣に、新型コロナウイルス禍で

  7. ウィーン発 〓 国立歌劇場の「オーパンバル」は2022年も中止決まる、新型コロナの収束見通せず

  8. ボストン発 〓 ボストン響が給与カットと一時休職で合意、タングルウッド音楽祭に希望繋ぐ

  9. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルが2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  10. モスクワ発 〓 ワシリー・ペトレンコがスヴェトラーノフ記念ロシア国立響の芸術監督を辞任

  11. ブダペスト発 〓 イシュトヴァーン・ヴァルダイがフランツ・リスト室内管の芸術監督に

  12. 訃報 〓 リン・ハレル(76)米国のチェロ奏者

  13. ワシントン発 〓 ジャナンドレア・ノセダがナショナル響とウクライナ国歌

  14. オスロ発 〓 ノルウェーの「ソニヤ王妃国際声楽コンクール」がロシア、ベラルーシからの参加認めず

  15. 東京発 〓 NHK交響楽団が2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表、トゥガン・ソヒエフも客演

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。