ラ・フォル・ジュルネ 〓 2月開催を4月に延期

2021/01/15

フランス北西部の港町ナントで毎年2月に行われている音楽祭ラ・フォル・ジュルネ(La Folle Journée)が2月開催を諦め、4月の開催をめざすことになった。新型コロナウイルスの感染拡大が収まらないため。当初は《バッハとモーツァルト》をテーマに、2月5日から7日までの日程で行われる予定だった。新しい日程は、4月9日から11日。

ラ・フォル・ジュルネは1995年、フランスの音楽プロデューサーのルネ・マルタンが起ち上げた音楽祭。会期中、会場のコンベンションセンターに9つのステージが設けられ、それぞれのステージで朝から晩までコンサートが行われる。

そのどれもが短めの45分、5ユーロ(750円)からという低価格も特徴。フランスのメディアによると、コロナ禍の中で「ベートーヴェン」をテーマに行われた昨年の音楽祭は271回のコンサートが行われ、1800人の演奏家が出演。チケットは14万枚売り上げているという。

その後、姉妹版が海外でも開催されるようになり、中でも、日本でも2005年から東京・有楽町で開催されている。昨年は新型コロナウイルスの感染拡大を受けて中止されたが、いまや5月のゴールデンウィークの風物詩として賑わいを見せている。

写真:La Folle Journée


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ザルツブルグ復活祭音楽祭 〓 2023年から毎年違う指揮者とオーケストラで

  2. パルマ発 〓 ヴェルディ・フェスティバルが2022年の音楽祭スケジュールを発表

  3. エディンバラ発 〓 エディンバラ国際フェスティバルの次期芸術監督にニコラ・ベネデッティ、初の女性、初のスコットランド人、初の現役音楽家

  4. バーデン=バーデン・フェスティバル 〓 今年の復活祭音楽祭は5月開催に変更、2022年のオペラは《スペードの女王》と発表

  5. ストラスブール発 〓 ラン国立オペラが2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  6. ブレゲンツ音楽祭 〓 2022年の公演ラインナップを発表、湖上ステージの《蝶々夫人》以外に《アルジェのイタリア女》、《アルミーダ》、《シベリア》を上演

  7. ドレスデン音楽祭 〓 「グラスヒュッテ音楽祭賞」の授与式をオンライン上で、ハンニガンと結んで

  8. パリ発 〓 グスターボ・ドゥダメルがパリ国立オペラの音楽監督に

  9. ミュンヘン・オペラ・フェスティバル 〓 2019年の新作は《サロメ》と《アグリッピーナ》

  10. シュヴェチンゲン発 〓 SWRシュヴェツィンゲン音楽祭が開催を断念

  11. グラインドボーン音楽祭 〓 2021年の公演ラインナップを発表

  12. ルートヴィヒスブルク音楽祭 〓 開幕延期も、リーニフ指揮の《田園》をライブ・ストリーミング

  13. グラフェネック音楽祭 〓 開幕コンサートの指揮台に佐渡裕、幕開けは細川俊夫の新作ファンファーレ、ヴェルディのレクイエムは急きょ“合唱なし”

  14. ストラスブール発 〓 ストラスブール・フィルの次期音楽監督にアジス・ショハキモフ

  15. バイロイト音楽祭 〓 ピョートル・ベチャワが2022年の音楽祭でパルジファル

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。