訃報 〓 世界的なバス=バリトン、テオ・アダム

2019/01/12

世界的なバス=バリトン歌手テオ・アダム(Theo Adam)が10日、ドレスデンで亡くなった。92歳だった。アダムは1926年、ドレスデンの生まれ。少年時代の1937年から地元の聖十字架教会合唱団に所属。その後、「宮廷歌手」のルドルフ・ディートリッヒに声楽を師事。1949年に旧東独時代のドレスデン国立歌劇場のメンバーとなり、ウェーバー《魔弾の射手》の隠者役を歌ってオペラ・デビューした。

1952年、世界大戦後再開の2年目のバイロイト音楽祭に《ニュルンベルグのマイスタージンガー》オルテル役を歌ってデビュー。音楽祭では《ローエングリン》のハインリヒ王、《ニュルンベルクのマイスタージンガー》のザックス、《パルジファル》のアムフィオルタスなどの役を歌ったが、中でも《ニーベルングの指環》のヴォータン役は高い評価を獲得、バイロイトでは12年にわたって歌い続けた。

1953年にベルリン国立歌劇場のメンバーに。翌年にはフランクフルト歌劇場と客演契約を結び、国際的な活躍が始まる。1955年に「宮廷歌手」の称号を受章。1967年以降、ウィーン国立歌劇場、ハンブルク国立歌劇場、バイエルン国立歌劇場など世界の主要歌劇場に出演を重ねた。1969年にはザルツブルグ音楽祭にデビュー、1999年までに出演し、現代物の初演などにも出演している。同年、ニューヨークのメトロポリタン歌劇場にもデビューした。

80歳を迎えた2006年10月30日、オペラ・デビューの場だった旧ドレスデン国立歌劇場(現在のザクセン州立歌劇場)で上演された《魔弾の射手》に出演して現役を引退した。生涯に歌った役柄は100を超えるという。1967年、バイロイト音楽祭の引越公演の一員として初来日。《ワルキューレ》のヴォータンを歌って絶賛を浴びた。以降、オペラ、リサイタルで来日を重ねた。

写真:Bayreuther Festspiele / Hansjoachim Mirschel


関連記事

  1. ウィーン発 〓 国立歌劇場管のヴィオラ・セクションのトップにポーランド出身のポプラウスキー

  2. プラハ発 〓 プラハ国民劇場が次期芸術監督にノルウェー国立オペラの前芸術監督を招聘

  3. ライプツィヒ発 〓 ゲヴァントハウス管弦楽団のヴィオラの首席奏者にキム・サラ

  4. 訃報 〓 ヴァイオリンのヴァンダ・ヴィウコミルスカ

  5. ザルツブルク発 〓 ゲルギエフが《シモン・ボッカネグラ》を指揮して現場復帰

  6. パリ発 〓 シャンゼリゼ劇場、2018/2019シーズンのプログラミングを発表

  7. 訃報 〓 イェルク・デームス, オーストリアのピアニスト

  8. ベルリン発 〓 アルテミス・カルテットが存続の危機?

  9. プラハ発 〓 2019年の「オペラリア」はプラハで開催

  10. プラハ発 〓 チェコ・フィルの首席指揮者にビシュコフが就任

  11. アムステルダム発 〓 ジャニーヌ・ヤンセンにヨハネス・フェルメール賞

  12. アムステルダム発 〓 オランダ国立オペラの次期首席指揮者にロレンツォ・ヴィオッティ

  13. アムステルダム発 〓 オランダ放送フィルの次期首席指揮者にカネラキス

  14. シカゴ発 〓 シカゴ響がムーティとの契約を延長

  15. ロンドン発 〓 ラトル&ロンドン交響楽団が若い音楽家のための無料アカデミーを創設

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。