訃報 〓 ゲオルク・クリストフ・ビラー(66)ライプツィヒ聖トーマス教会第16代カントル

2022/01/28
【最終更新日】2023/02/06

ドイツ・ライプツィヒにある聖トーマス教会第16代カントルを務めた指揮者のゲオルク・クリストフ・ビラー(Georg Christoph Biller)が27日に亡くなった。66歳だった。聖トーマス教会のカントルは「トーマスカントル」と呼ばれる少年合唱団の音楽監督職。作曲家のバッハも1723年から1750年まで務めた。

ビラーは1955年、約3600年前に造られた「世界最古の星図」とされる「ネブラ・ディスク」で知られるドイツ北東部ネブラ生まれ。1965年から1974年まで聖トーマス教会少年合唱団の団員として活動した。

その後、ライプツィヒ音楽院(現在のフェリックス・メンデルスゾーン・バルトルディ音楽演劇大学)でロルフ・ロイターとクルト・マズアに指揮を学に、1980年に彼はゲヴァントハウス合唱団の団長に就任、ハレの教会音楽学校で合唱指揮の講師を務めた。

1992年、1990年の東西ドイツの統合で状況が目まぐるしく変化する中で第16代トーマスカントルに就任。2015年で退任するまで着実にアンサンブルのレベルを向上させ、任期中の2012年には聖トーマス教会少年合唱団800周年の祝賀コンサートも行っている。

写真:Thomanerchor Leipzig / Matthias Knoch


関連記事

  1. バルセロナ発 〓 スペインのカダケス管が活動を停止

  2. ロンドン発 〓 BBC Promsは開催を5月末に判断

  3. ミラノ発 〓 スカラ座もゲルギエフを解任、《スペードの女王》の指揮は27歳のティムール・ザンギエフに交代

  4. ヘルシンキ発 〓 シベリウス国際ヴァイオリン・コンクールが開催延期を発表

  5. ロンドン発 〓 ギルドホール音楽演劇学校が休校、教員に感染者

  6. グラインドボーン発 〓 グラインドボーン音楽祭がウクライナ支援のチャリティー・コンサート

  7. ヘルシンキ発 〓 フィンランド国立オペラが新制作の《トゥーランドット》のストリーミング配信を開始

  8. リヨン発 〓 リヨン国立オペラがバレエ団の芸術監督ヨルゴス・ロウコスを解任

  9. 訃報 〓 ジョン・キンセラ(89)アイルランドの作曲家

  10. リンツ発 〓 リンツ・ブルックナー管弦楽団の首席客演指揮者にリトアニア出身の若手女流指揮者ギールデ・シュレカイテ

  11. マドリッド発 〓 RTVE交響楽団の次期首席指揮者・音楽監督にクリストフ・ケーニヒ

  12. 大阪発 〓 大フィルがクラウドファンディングで“朝比奈隆秘蔵スコア”のレプリカをリリース

  13. ブカレスト発 〓 指揮者のクリスティアン・マチェラルが母国のエネスク国際音楽祭の芸術監督に

  14. ヴヴェイ発 〓 クララ・ハスキル国際ピアノ・コンクールで中川優芽花が優勝

  15. パリ発 〓 パリ国立オペラが2023/2024シーズンの公演ラインナップを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。