訃報 〓 ゲオルク・クリストフ・ビラー(66)ライプツィヒ聖トーマス教会第16代カントル

2022/01/28
【最終更新日】2023/02/06

ドイツ・ライプツィヒにある聖トーマス教会第16代カントルを務めた指揮者のゲオルク・クリストフ・ビラー(Georg Christoph Biller)が27日に亡くなった。66歳だった。聖トーマス教会のカントルは「トーマスカントル」と呼ばれる少年合唱団の音楽監督職。作曲家のバッハも1723年から1750年まで務めた。

ビラーは1955年、約3600年前に造られた「世界最古の星図」とされる「ネブラ・ディスク」で知られるドイツ北東部ネブラ生まれ。1965年から1974年まで聖トーマス教会少年合唱団の団員として活動した。

その後、ライプツィヒ音楽院(現在のフェリックス・メンデルスゾーン・バルトルディ音楽演劇大学)でロルフ・ロイターとクルト・マズアに指揮を学に、1980年に彼はゲヴァントハウス合唱団の団長に就任、ハレの教会音楽学校で合唱指揮の講師を務めた。

1992年、1990年の東西ドイツの統合で状況が目まぐるしく変化する中で第16代トーマスカントルに就任。2015年で退任するまで着実にアンサンブルのレベルを向上させ、任期中の2012年には聖トーマス教会少年合唱団800周年の祝賀コンサートも行っている。

写真:Thomanerchor Leipzig / Matthias Knoch


関連記事

  1. ウィーン発 〓 国立歌劇場が《トリスタンとイゾルデ》の27日の公演をライブ・ストリーミング

  2. 東京発 〓 東響が「ニコ動」で「第九」公演をライブ配信、ステージには過去最多のカメラ40台

  3. ボゴタ発 〓 コロンビア大統領が劇場閉鎖などは6月からさらに18か月間必要と発言

  4. モスクワ発 〓 ロシアが第17回「チャイコフスキー国際コンクール」の開催を宣言

  5. ライプツィヒ発 〓 ライプツィヒ市が次の「トーマスカントル」を募集

  6. ルツェルン発 〓 アシュケナージが引退を表明

  7. バーデン=バーデン発 〓 復活祭音楽祭、2025年のオペラは《蝶々夫人》

  8. ロンドン発 〓 ヤクブ・フルシャ、ロイヤル・オペラ・ハウスの音楽監督に

  9. ニュルンベルク発 〓 州立劇場が音楽総監督のローランド・ベーアとの契約を延長

  10. ウィーン発 〓 フォルクスオーパーの次期音楽監督に指揮者のオメール・メイア・ヴェルバー

  11. ミュンヘン発 〓 パーヴォル・ブレスリクにバイエルン州から「宮廷歌手」の称号

  12. ロンドン発 〓 ギルドホール音楽演劇学校が休校、教員に感染者

  13. ヴェローナ発 〓 ヴェローナ音楽祭も開催断念

  14. ロンドン発 〓 マリン・オールソップがフィルハーモニア管の首席客演指揮者に

  15. ハンブルク発 〓 州立歌劇場が新制作の《マノン》をストリーミング配信

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。