ローマ発 〓 ダニエレ・ガッティがローマ歌劇場の《リゴレット》を指揮

2018/12/02
【最終更新日】2018/12/03

ローマ歌劇場(Teatro dell’Opera di Roma)で2日夜、ヴェルディ《リゴレット》が上演され、2018/2019シーズンが開幕した。上演された《リゴレット》は、ダニエレ・アバドが新演出を手掛けている。リゴレットにロベルト・フロンターリ、ジルダにリセッテ・オロペサ、マントヴァ公爵にイスマエル・ジョルディ、スパラフチーレにリッカルド・ザネッラート、マッダレーナにアリサ・コロソヴァというキャスティング。指揮はダニエレ・ガッティ(Daniele Gatti)。ガッティは8月、セクシャル・ハラスメントを報じられてロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団の首席指揮者を解任され、いくつかの公演がキャンセルされた。スキャンダルの後、イタリアで指揮するのは初めて。

写真:Teatro dell’Opera di Roma / Yasuko Kageyama





関連記事

  1. ローマ発 〓 ローマ歌劇場が2018/2019シーズンのラインナップを発表

  2. ハンブルク発 〓 ドイツ・グラモフォンが史上初めて女性指揮者と専属契約

  3. ロンドン発 〓 ラトルが隠れた名作をディナー・パーティーでゲット!?

  4. 訃報 〓 フランスの名テノール、ミシェル・セネシャル死去

  5. パリ発 〓 シャンゼリゼ劇場、2018/2019シーズンのプログラミングを発表

  6. トリノ発 〓 テアトロ・レッジョが2018/2019シーズンのラインナップを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。