東京発 〓 第18回「東京国際音楽コンクール」指揮部門で沖澤のどか優勝

2018/10/14
【最終更新日】2018/10/15

第18回「東京国際音楽コンクール」の指揮部門の本選が14日、東京オペラシティ・コンサートホールで行われ、日本の沖澤のどか(Nodoka Okisawa)が優勝した。本選には4人が出場、出場者は新日本フィルハーモニー交響楽団を指揮してオーケストラ曲を演奏した。沖澤は1987年、青森生まれ。東京藝術大学を首席で卒業、その後、ベルリンのハンス・アイスラー音楽大学を修了、昨年はロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団のマスタークラスに参加している。2位は日本の横山奏(Kanade Yokoyama)、3位は熊倉優(Masaru Kumakura)。4位はカナダ在住のアール・リー(Earl Lee)。「特別賞・齋藤秀雄賞」は沖澤に、「聴衆賞」は横山に贈られた。

「東京国際音楽コンクール」は1967年、民主音楽協会によって創設された。広く有能な音楽家の発掘と育成、世界各国との音楽文化交流の推進と発展を標榜。設立時は「指揮」、「声楽」、「室内楽」の3部門が設けられたが、現在は「指揮」部門が3年に一度行われている。第18回は42の国・地域から238人が応募、予備審査を経て18名が第1次予選に進んだ。今回の審査委員長は指揮者の外山雄三。審査員には広上淳一、アレクサンドル・ラザレフ、尾高忠明、ユベール・スダーン、高関健といった指揮者の他、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の元コンサートマスターのウェルナー・ヒンク、韓国のヴァイオリニストのカン・ドンスク、サンフランシスコ交響楽団の元事務局長のピーター・パストリッチが加わっている。

写真:Tokyo International Music Competition for Conducting

[参考記事]民主音楽協会・近藤寿男常務理事インタビュー(英語)


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ヌスドルフ発 〓 作曲家ワーグナーの最後の孫が死去

  2. ニューヨーク発 〓 アラーニャがメトロポリタン歌劇場《サムソンとデリラ》の第3幕を降板

  3. ミュンヘン発 〓 グルベローヴァがバイエルン州立歌劇場に別れ

  4. ビーゴ発 〓 2019年の第3回コンクールは“アルゲリッチ・エディション”

  5. リスボン発 〓 「オペラリア」2018が閉幕

  6. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場、セクハラ問題でレヴァインを解雇

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。