訃報 〓 イタリアのテノール歌手、ウンベルト・ボルソ

2018/12/02

1960年代に一世を風靡した名テノール、ウンベルト・ボルソ(Umberto Borso)が11月26日にローマで亡くなった。95歳だった。ローマ歌劇場のオーディションに合格して1953年にオペラ・デビュー。1956年にマリオ・デル・モナコの代役として《アンドレア・シェニエ》に出演、レナータ・テバルディと共演して大成功を収め、スター歌手の仲間入りした。その年、バルセロナのリセウ劇場の《アイーダ》でテバルディで共演、その舞台を観ていたホセ・カレーラスが歌手を志すきっかけの一つになったという。

また、1956年には、第1次イタリア歌劇団公演のメンバーとして来日、《アイーダ》でラダメスを歌っている。1962年にニューヨークのメトロポリタン歌劇場、1963年にミラノ・スカラ座にデビュー。歌手生活を1980年代まで続け、生涯に《アイーダ》153回、《イル・トロヴァトーレ》135回、《アンドレア・シェニエ》78回、《トスカ》66回、《運命の力》44回、《オテロ》39回歌っているという。長くフィレンツェ近郊のカステルフィオレンティーノで過ごし、2015年には名誉市民権が与えられた。

写真:F. Fontanelli



関連記事

  1. ワシントン発 〓 作曲家フィリップ・グラスがケネディ・センター名誉賞を受賞

  2. パリ発 〓 国立オペラ総裁の後任選びで面接!?

  3. 上海発 〓 第3回「上海アイザック・スターン国際ヴァイオリン・コンクール」が概要発表

  4. ドナウエッシンゲン音楽祭 〓 音楽祭が閉幕、今年は22作品を初演

  5. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場、2018/19シーズン・ラインナップを発表

  6. ローマ発 〓 18歳から25歳限定で2ユーロのオペラ鑑賞チケット発売

  7. アムステルダム発 〓 ミヒャエル・ザンデルリングが代役でロイヤル・コンセルトヘボウ管にデビュー

  8. ストックホルム発 〓 スウェーデン放送響がハーディングとの契約を延長

  9. チューリヒ発 〓 ジャナンドレア・ノセダがチューリヒ歌劇場の音楽総監督に

  10. ワルシャワ発 〓 ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団の次期音楽監督にアンドレイ・ボレイコ

  11. 訃報 〓 ゼフランコ・ゼフィレッリ, イタリアの映画監督・演出家

  12. ベルリン発 〓 バレンボイムがベルリン州立歌劇場との契約延長

  13. ナポリ発 〓 サンカルロ劇場が2018/2019シーズンのラインナップを発表

  14. ウィーン発 〓 国立歌劇場管のヴィオラ・セクションのトップにポーランド出身のポプラウスキー

  15. 訃報 〓 フレデリック・L・ヘムケ, 米国のサクソフォン奏者

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。