訃報 〓 イタリアのテノール歌手、ウンベルト・ボルソ

2018/12/02

1960年代に一世を風靡した名テノール、ウンベルト・ボルソ(Umberto Borso)が11月26日にローマで亡くなった。95歳だった。ローマ歌劇場のオーディションに合格して1953年にオペラ・デビュー。1956年にマリオ・デル・モナコの代役として《アンドレア・シェニエ》に出演、レナータ・テバルディと共演して大成功を収め、スター歌手の仲間入りした。その年、バルセロナのリセウ劇場の《アイーダ》でテバルディで共演、その舞台を観ていたホセ・カレーラスが歌手を志すきっかけの一つになったという。

また、1956年には、第1次イタリア歌劇団公演のメンバーとして来日、《アイーダ》でラダメスを歌っている。1962年にニューヨークのメトロポリタン歌劇場、1963年にミラノ・スカラ座にデビュー。歌手生活を1980年代まで続け、生涯に《アイーダ》153回、《イル・トロヴァトーレ》135回、《アンドレア・シェニエ》78回、《トスカ》66回、《運命の力》44回、《オテロ》39回歌っているという。長くフィレンツェ近郊のカステルフィオレンティーノで過ごし、2015年には名誉市民権が与えられた。

写真:F. Fontanelli



関連記事

  1. ナポリ発 〓 サンカルロ劇場が2018/2019シーズンのラインナップを発表

  2. ウィーン発 〓 2020年の「ニューイヤー・コンサート」の指揮者はネルソンス

  3. カーディフ発 〓 英国ウェルシュ・ナショナル・オペラのトップに米国シアトル・オペラの総監督

  4. マグデブルク発 〓 主役歌手二人のキャンセルでマグデブルク劇場が公演さしかえ

  5. ケルン発 〓 WDR交響楽団の次期首席指揮者にマチェラル

  6. ブエノスアイレス発 〓 バレンボイムが聴衆に我慢できず演奏中断

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。