ミュンヘン発 〓 バイエルン州立歌劇場、音楽総監督にユロフスキ

2018/03/08
【最終更新日】2018/09/16

ミュンヘンのバイエルン州立歌劇場が2021/22のシーズンから新体制に移行することが決まった。6日にバイエルン州政府のルードヴィヒ・シュペンレ文化大臣が明らかにしたもの。新しい総裁にリヨン・オペラの総裁を務めてきたセルジュ・ドルニー(Serge Dorny)を招き、音楽総監督(GMD)にはウラディーミル・ユロフスキ(Vladimir Jurowsky)が就任する。12日に正式な記者会見が行われる予定。

ドーミーはベルギー人で、2008/09シーズンから歌劇場を率いてきたニコラウス・バッハラーの後任。ブリュッセルのモネ劇場で総裁のジェラール・モルティエのスタッフとして経験を積み、その後、ロンドン交響楽団、グラインドボーン音楽祭などに関わり、2003年からリヨン歌劇場の総裁。2014/15シーズンからザクセン州立歌劇場に総裁に就任することが決まっていたが、直前になって州政府によってキャンセルされている。

一方、ユロフスキは2013/14シーズンから音楽総監督(GMD)を務めてきたキリル・ペトレンコ(Kirill Petrenko)の後任。ペトレンコは2018/19シーズンからベルリン・フィルの首席指揮者・芸術監督に就任する。ユロフスキはモスクワの生まれで、18歳でドイツに移住。2001年にグラインドボーン音楽祭の音楽監督に就任してキャリアを重ね、2007年からロンドン・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者。2011年からはロシア国立交響楽団の芸術監督も兼任している。


関連記事

  1. ロンドン発 〓 イングリッシュ・ナショナル・オペラが土曜夜の公演を18歳以下に無料開放

  2. シドニー発 〓 シドニー交響楽団がアシュケナージに桂冠指揮者の称号

  3. ローマ発 〓 18歳から25歳限定で2ユーロのオペラ鑑賞チケット発売

  4. ロンドン発 〓 世界最大級の名物録音スタジオ売却へ

  5. シカゴ発 〓 ショルティ指揮者アワード2018にロデリック・コックスに

  6. 香港発 〓 イップ・ウィンシーが香港シンフォニエッタを卒業!?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。