[ 新作オペラFLASH 2018 ]ザルツブルク音楽祭 〓 スペードの女王

2018/08/08
【最終更新日】2018/08/17

2016年のオランダ国立オペラの《スペードの女王》は大成功を収めた(演出はステファン・ヘアハイム)。ピットに入っていたのは、ヤンソンス指揮のロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団。それだけに周囲の期待は高かった。心配の種は、過激な演出で鳴らしてきた鬼才ノイエンフェルスが演出を手掛ける点。彼が手掛けた2001年の音楽祭の《こうもり》は途中退場者も出て、終わっ大ブーイングの嵐にさらされて騒動になっている。ところが今回は、打って変わって極めてオーソドックスな舞台という評判。ブーイングはほとんどなかったという。ヤンソンスの音楽づくりはさらに緻密さを増し、ゲルマン役のヨヴァノヴィッチ、リーザ役のムラベーヴァの熱唱も絶賛されている。もちろん、最も喝采を浴びたのが、8月に75歳を迎える大ベテランのシュヴァルツだったことは言うまでもない。

初日:8月5日 … 祝祭大劇場
[演出]ハンス・ノイエンフェルス
[出演]エフゲニア・ムラベーヴァ(リーザ)
    ブランダン・ジョヴァノヴィッチ(ゲルマン)
    イーゴリ・ゴロヴァテンコ(エレツキー公爵)
    ハンナ・シュヴァルツ(伯爵夫人)
    ヴラジスラフ・スリムスキー(トムスキー伯爵)
[指揮]マリス・ヤンソンス
[演奏]ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

写真:Salzburger Festspiele / Monika Rittershaus


    音楽祭のサイトへ ▷

関連記事

  1. シカゴ発 〓 シカゴ交響楽団が2019/2020シーズンのラインナップを発表

  2. アムステルダム発 〓 オランダ国立オペラの次期首席指揮者にロレンツォ・ヴィオッティ

  3. ベルファスト発 〓 アルスター管が次期首席指揮者にダニエレ・ルスティオーニ

  4. ライプチヒ発 〓 コープマンがバッハ資料財団の新しい会長に

  5. エディンバラ国際フェスティバル 〓 2018年のプログラムを発表

  6. ロンドン発 〓 「クイーンズ・シアター」が「スティーヴン・ソンドハイム・シアター」に

  7. バイロイト音楽祭 〓 2019年の《タンホイザー》でゲルギエフが音楽祭デビュー

  8. ワルシャワ発 〓 ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団の次期音楽監督にアンドレイ・ボレイコ

  9. ウィーン発 〓 ヤンソンスがウィーン・フィルハーモニーの名誉団員に

  10. ニューヨーク発 〓 レヴァイン、契約違反と名誉毀損でメトロポリタン歌劇場を提訴

  11. ヘルシンキ発 〓 ミリアム・ヘリン国際声楽コンクールが閉幕

  12. グラインドボーン音楽祭 〓 次期芸術監督に演出家のステファン・ラングリッジ

  13. ローマ発 〓 パッパーノがサンタ・チェチーリア管との契約を延長

  14. ベルリン発 〓 アルテミス・カルテットの新メンバー決定

  15. ワルシャワ発 〓 もう一つの「ショパン・コンクール」創設

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。