[ 新作オペラFLASH 2018 ]ザルツブルク音楽祭 〓 スペードの女王

2018/08/08
【最終更新日】2018/08/17

2016年のオランダ国立オペラの《スペードの女王》は大成功を収めた(演出はステファン・ヘアハイム)。ピットに入っていたのは、ヤンソンス指揮のロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団。それだけに周囲の期待は高かった。心配の種は、過激な演出で鳴らしてきた鬼才ノイエンフェルスが演出を手掛ける点。彼が手掛けた2001年の音楽祭の《こうもり》は途中退場者も出て、終わっ大ブーイングの嵐にさらされて騒動になっている。ところが今回は、打って変わって極めてオーソドックスな舞台という評判。ブーイングはほとんどなかったという。ヤンソンスの音楽づくりはさらに緻密さを増し、ゲルマン役のヨヴァノヴィッチ、リーザ役のムラベーヴァの熱唱も絶賛されている。もちろん、最も喝采を浴びたのが、8月に75歳を迎える大ベテランのシュヴァルツだったことは言うまでもない。

初日:8月5日 … 祝祭大劇場
[演出]ハンス・ノイエンフェルス
[出演]エフゲニア・ムラベーヴァ(リーザ)
    ブランダン・ジョヴァノヴィッチ(ゲルマン)
    イーゴリ・ゴロヴァテンコ(エレツキー公爵)
    ハンナ・シュヴァルツ(伯爵夫人)
    ヴラジスラフ・スリムスキー(トムスキー伯爵)
[指揮]マリス・ヤンソンス
[演奏]ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

写真:Salzburger Festspiele / Monika Rittershaus


    音楽祭のサイトへ ▷

関連記事

  1. ハンブルク発 〓 難民たちに州立歌劇場が《ナブッコ》のコーラスへの参加呼びかけ

  2. ローマ発 〓 18歳から25歳限定で2ユーロのオペラ鑑賞チケット発売

  3. オタワ発 〓 ワリス・ジウンタが「ジョン・フリーダ」のCMに

  4. セイジ・オザワ松本フェスティバル 〓 小澤征爾が指揮予定の3公演を降板

  5. ロサンゼルス発 〓 ロサンゼルス・オペラが2019/2020シーズンのラインナップを発表

  6. エディンバラ国際フェスティバル 〓 2018年のプログラムを発表

  7. トロント発 〓 ピエチョンカが王立音楽院の声楽部門トップに

  8. ウィーン発 〓 国立歌劇場が2018/2019シーズンのラインナップを発表

  9. モスクワ発 〓 中国愛楽楽団が初のロシア・ツアー

  10. ロンドン発 〓 サイモン・キーンリーサイドにナイトの称号

  11. ウィーン発 〓 ヤンソンスがウィーン・フィルハーモニーの名誉団員に

  12. ハレ発 〓 ドイツ映画音楽賞の国際賞にレイチェル・ポートマン

  13. アムステルダム発 〓 ロイヤル・コンセルトヘボウ管が2019/2020シーズンの公演スケジュールを発表

  14. バルセロナ発 〓 リセウ劇場が2019/2020シーズンの公演ラインナップを発表

  15. バーゼル発 〓 バーゼル劇場の音楽監督にクリスティーナ・ポスカ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。