[ 新作オペラFLASH 2018 ]ザルツブルク音楽祭 〓 スペードの女王

2018/08/08
【最終更新日】2018/08/17

2016年のオランダ国立オペラの《スペードの女王》は大成功を収めた(演出はステファン・ヘアハイム)。ピットに入っていたのは、ヤンソンス指揮のロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団。それだけに周囲の期待は高かった。心配の種は、過激な演出で鳴らしてきた鬼才ノイエンフェルスが演出を手掛ける点。彼が手掛けた2001年の音楽祭の《こうもり》は途中退場者も出て、終わっ大ブーイングの嵐にさらされて騒動になっている。ところが今回は、打って変わって極めてオーソドックスな舞台という評判。ブーイングはほとんどなかったという。ヤンソンスの音楽づくりはさらに緻密さを増し、ゲルマン役のヨヴァノヴィッチ、リーザ役のムラベーヴァの熱唱も絶賛されている。もちろん、最も喝采を浴びたのが、8月に75歳を迎える大ベテランのシュヴァルツだったことは言うまでもない。

初日:8月5日 … 祝祭大劇場
[演出]ハンス・ノイエンフェルス
[出演]エフゲニア・ムラベーヴァ(リーザ)
    ブランダン・ジョヴァノヴィッチ(ゲルマン)
    イーゴリ・ゴロヴァテンコ(エレツキー公爵)
    ハンナ・シュヴァルツ(伯爵夫人)
    ヴラジスラフ・スリムスキー(トムスキー伯爵)
[指揮]マリス・ヤンソンス
[演奏]ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

写真:Salzburger Festspiele / Monika Rittershaus


    音楽祭のサイトへ ▷

関連記事

  1. 上海発 〓 第2回「上海アイザック・スターン国際ヴァイオリン・コンクール」閉幕

  2. パリ発 〓 ナタリー・シュトゥッツマンが「レジオンドヌール勲章」を受章

  3. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルがバレンボイムに名誉指揮者の称号

  4. ニューヨーク発 〓 作曲家ジョン・ウィリアムズが自作のスコアなどすべてを母校ジュリアード音楽院に寄贈

  5. ガーシントン・オペラ 〓 2019年のスケジュールを発表

  6. アトランティックシティ発 〓 「ミス・アメリカ2019」に若手オペラ歌手

  7. ロサンゼルス発 〓 ドミンゴのセクハラ疑惑に対応二分

  8. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルの首席ホルン奏者デヴィッド・クーパーが退団

  9. ウィーン発 〓 ウィーン国立歌劇場管のコンサートマスターにフョードル・ルディン

  10. 訃報 〓 イタリアのバリトン歌手クラウディオ・デズデーリが死去

  11. クラスノヤルスク発 〓 トレチャコフ国際ヴァイオリン・コンクール創設へ

  12. ロサンゼルス発 〓 9月公開の映画「Bel Canto」にルネ・フレミング

  13. チューリヒ発 〓 ゲザ・アンダ国際ピアノコンクールでクレア・フアンチが優勝

  14. バーゼル発 〓 バーゼル劇場の音楽監督にクリスティーナ・ポスカ

  15. バイロイト音楽祭 〓 ゲルギエフが《タンホイザー》の指揮をキャンセル、代役にティーレマン

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。