シカゴ発 〓 ムーティーが労働協約めぐり楽団員を擁護

2019/03/08

シカゴ交響楽団の音楽監督を務めるリッカルド・ムーティ(Riccardo Muti)が新しい労働協約締結をめぐり、楽団員を擁護する書簡を経営側に送った。楽団員は3月10日までに新しい労働協約が結べなかった場合、ストライキに入ることを既に投票で決めている。書簡はジェフ・アレクサンダー総裁と評議会のヘレン・ゼル議長に書簡を送られたもので、米国のメディアによれば、ムーティは「彼らの仕事は仕事ではなく、任務というべきものであると理解することを願い、彼らが彼らの仕事をするために平穏な時間が与えられることを望んでいる」と訴えているという。

写真:Chicago Symphony Orchestra


関連記事

  1. ベルリン発 〓 クシシュトフ・ポロネクがベルリン・フィルのコンサート・マスターに

  2. シドニー発 〓 シドニー交響楽団がアシュケナージに桂冠指揮者の称号

  3. 高雄発 〓 台湾最大の総合芸術センターがオープン

  4. トリノ発 〓 テアトロ・レッジョのトップ3が相次いで辞任

  5. ロンドン発 〓 「グラモフォン賞」に新設された「オーケストラ・オブ・ザ・イヤー」にシアトル交響楽団

  6. ローマ発 〓 ダニエレ・ガッティがローマ歌劇場の音楽監督に

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。