バイロイト音楽祭 〓 ロベルト・アラーニャの代役にピョートル・ベチャワ

2018/07/05

ロベルト・アラーニャの降板した《ローエングリン》の代役にピョートル・ベチャワが決まった。《ローエングリン》は今年のバイロイト音楽祭の唯一のプレミエ(新演出上演)で、アラーニャが初めてワーグナーの主役を歌い、同時にバイロイト音楽祭にデビューすることで話題を集めていた。ベチャワのバイロイト音楽祭出演は初めて。グラナダでのリサイタルをキャンセルした。ベチャワは1966年、ポーランド南部のチェホヴィツェ・ジエジツェ生まれの51歳。オーストリアのリンツ歌劇場、スイスのチューリヒ歌劇場のメンバーを経て、2004年にロンドンのロイヤル・オペラ出演を皮切りに国際的な活動をスタート。以来、著名なオペラハウスへの出演を重ねている。ローエングリンは2016年、クリスティアン・ティーレマン指揮のドレスデン・ザクセン州立歌劇場の公演で初めて歌って以来、2度目。

写真:Piotr Beczala official site / Semperoper Dresden / Daniel Koch

関連記事

  1. ルツェルン音楽祭 〓 2019年の夏の音楽祭の概要を発表

  2. ルートヴィヒスブルク音楽祭 〓 音楽祭が閉幕、クローザーはズーカーマン

  3. 訃報 〓 ハンス・シュタットルマイア, オーストリアの指揮者

  4. プフォルツハイム発 〓 ダグラス・ボストックが南西ドイツ・プフォルツハイム室内管弦楽団の首席指揮者に

  5. ハレ発 〓 州立劇場の音楽総監督にアリアーヌ・マティアク

  6. ドレスデン発 〓 ザクセン州立歌劇場が2019/2020シーズンの公演ラインナップを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。