チューリヒ発 〓 ジャナンドレア・ノセダがチューリヒ歌劇場の音楽総監督に

2018/07/02

ジャナンドレア・ノセダ(Gianandrea Noseda)が2021/2022シーズンから、チューリヒ歌劇場のGMD(音楽総監督)に就任することになった。2012年からGMDを務め、任期を1年残して離任するファビオ・ルイージ(Fabio Luisi)の後任。ノセダは4月末、2007年から任にあったトリノのテアトロ・レッジョの首席指揮者を辞任している。チューリヒ歌劇場の総裁は2012年から演出家のアンドレアス・ホモキ(Andreas Homoki)が務めており、契約を2025年まで延長したばかり。

写真:Gianandrea Noseda official site

関連記事

  1. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルが2018/2019シーズンの公演プログラムを発表

  2. リヨン発 〓 リヨン国立管弦楽団の音楽監督にニコライ・ズナイダー

  3. パリ発 〓 フルートのゴールウェイにフランス政府から芸術文化勲章

  4. グラーツ発 〓 オクサーナ・リーニフが劇場との契約を延長せず

  5. 大阪発 〓 大阪フィルを指揮して、デュトワが日本の音楽シーンに復帰

  6. モスクワ発 〓 ボリショイ劇場博物館が創立100周年の記念展示

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。