ケルン発 〓 ケルン放送管弦楽団、常任指揮者ウェイン・マーシャル退任へ

2018/10/24

ケルン放送管弦楽団(WDR Rundfunkorchester Köln)は、常任指揮者のウェイン・マーシャル(Wayne Marshall)が2020年で退任すると発表した。マーシャルは2014/2015シーズンから常任指揮者を務めていた。ケルン放送管弦楽団は西部ドイツ放送協会(WDR)所属オーケストラの一つで、創設は1947年。WDRはもう一つ、ケルンWDR交響楽団(WDR Sinfonieorchester Köln)を持ち、そちらはシリアスなプログラムを専門にしているが、こちらはクラシックからポップスまで幅広いレパートリーの演奏を手掛けている。

マーシャルは1961年、英国生まれ。ロンドンの王立音楽院卒業後、ウィーン国立音楽・演劇大学で学び、オルガン、ピアノ、指揮までこなすマルチ・ミュージシャンとして活躍している。1995年にはサイモン・ラトル率いるベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の野外コンサート「ヴァルトビューネ」で共演。その模様が衛星放送で世界中に放映されて不動の人気を確立。2007年からミラノのミラノ・ジュゼッペ・ヴェルディ交響楽団の指揮者も務めていた。

写真:WDR / Herby Sachs


関連記事

  1. ベルリン発 〓 ドイツ・グラモフォンが120周年記念コンサートをライブ配信

  2. アムステルダム発 〓 コンセルトヘボウ管が独自のユース・オーケストラ

  3. ラス・パルマス発 〓 「オペラ・ラス・パルマス」が2019シーズンのラインナップを発表

  4. レーゲンスブルク発 〓 台湾出身のチンジャオ・リンがレーゲンスブルク歌劇場の音楽総監督に

  5. ドレスデン発 〓 ザクセン州立歌劇場が2019/2020シーズンの公演ラインナップを発表

  6. ハノーファー発 〓 北ドイツ放送フィルのコンサートマスターも女性に

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。