リーズ発 〓 国際ピアノ・コンクールが閉幕

2018/09/17
【最終更新日】2018/10/22

リーズ国際ピアノコンクール(Leeds International Pianoforte Competition)が15日に閉幕、米国のピアニスト、エリック・ルー(20、Eric Lu)が第1位を獲得、併せてファニー・ウォーターマン・ゴールドメダル、テレンス・ジャッド・ホール・オーケストラ賞を受賞した。賞金は25,000ポンド(約365万円)。ルーは2015年のショパン国際ピアノコンクール第4位。2位はドイツのピアニスト、マリオ・ヘリング(28、Mario Haring)で、併せてヤルタ・メニューイン賞を受賞。3位は中国の王心源(23、Xinyuan Wang)だった。コンクールは第1回コンクール開催2年前の1961年。1963年に正式にスタートしてからは原則3年ごとに開催されている。創設者で総裁のウォーターマン(98)は今年で引退することになっている。

写真:Leeds International Pianoforte Competition

    詳細はこちら ▷


関連記事

  1. 東京発 〓 新日本フィルが2019/2020シーズン定期演奏会のラインナップを発表

  2. ロンドン発 〓 グラモフォン・アワード2018決定

  3. 訃報 〓 世界的ヴィオラ奏者のマイケル・トゥリーが死去

  4. 台北発 〓 インバルが台北市立交響楽団の首席指揮者に

  5. トリノ発 〓 テアトロ・レッジョのトップ3が相次いで辞任

  6. ナポリ発 〓 ムーティが34年ぶりにサン・カルロ劇場で指揮

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。