アントワープ発 〓 フランダース・オペラの音楽監督にアレホ・ペレス

2018/09/08

アルゼンチン出身の指揮者アレホ・ペレスがベルギーのフランダース・オペラ(Opera Vlaanderen)の音楽監督に就任することが決まった。2019/2020シーズンから。フランダース・オペラはアントワープとゲントの劇場を統括して運営しているベルギー国立のオペラ・カンパニー。2019/2020シーズンから、芸術監督もヤン・ファンデンホーヴェ(Jan Vandenhouwe)に交代することが決まっており、体制が一新される。

ペレスはブエノスアイレス生まれの44歳。ヨーロッパでは、ミヒャエル・ギーレン、クリストフ・フォン・ドホナーニのアシスタントなどを経て、指揮者としてヨーロッパ各地の歌劇場、オーケストラに客演を重ねている。2014年に夏のザルツブルク音楽祭にデビューした後、2015年の音楽祭では、音楽祭で初めて上演されたグノー《ファウスト》の公演を指揮して話題を集めた。

    詳しくはこちら ▷


関連記事

  1. 訃報 〓 ジョージ・ナイクルグ, 米国のチェロ奏者

  2. ルツェルン音楽祭 〓 2019年の夏の音楽祭の概要を発表

  3. ヌスドルフ発 〓 作曲家ワーグナーの最後の孫が死去

  4. サンパウロ発 〓 サンパウロ交響楽団の次期音楽監督にティエリー・フィッシャー

  5. アムステルダム発 〓 オランダ国立オペラが2019/2020シーズンの上演ラインナップを発表

  6. ロサンゼルス発 〓 ドミンゴが新しい役に挑戦

  7. ワルシャワ発 〓 新しい“ショパン・コンクール”終了

  8. ミラノ発 〓 クリストフ・フォン・ドホナーニ、復活もまたキャンセル

  9. ザルツブルク発 〓 ゲルギエフが《シモン・ボッカネグラ》を指揮して現場復帰

  10. カーディフ発 〓 英国ウェルシュ・ナショナル・オペラのトップに米国シアトル・オペラの総監督

  11. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立歌劇場が2019/2020シーズンの公演ラインナップを発表

  12. [ 新作オペラFLASH 2018 ]バイロイト音楽祭 〓 ローエングリン

  13. アムステルダム発 〓 ノセダが代役でロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団に思わぬデビュー

  14. トリノ発 〓 ジェームズ・コンロンにイタリア共和国功労勲章「コンメンダトーレ」

  15. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立歌劇場、音楽総監督にユロフスキ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。