アントワープ発 〓 フランダース・オペラの音楽監督にアレホ・ペレス

2018/09/08

アルゼンチン出身の指揮者アレホ・ペレスがベルギーのフランダース・オペラ(Opera Vlaanderen)の音楽監督に就任することが決まった。2019/2020シーズンから。フランダース・オペラはアントワープとゲントの劇場を統括して運営しているベルギー国立のオペラ・カンパニー。2019/2020シーズンから、芸術監督もヤン・ファンデンホーヴェ(Jan Vandenhouwe)に交代することが決まっており、体制が一新される。

ペレスはブエノスアイレス生まれの44歳。ヨーロッパでは、ミヒャエル・ギーレン、クリストフ・フォン・ドホナーニのアシスタントなどを経て、指揮者としてヨーロッパ各地の歌劇場、オーケストラに客演を重ねている。2014年に夏のザルツブルク音楽祭にデビューした後、2015年の音楽祭では、音楽祭で初めて上演されたグノー《ファウスト》の公演を指揮して話題を集めた。

    詳しくはこちら ▷


関連記事

  1. ギュータースロー発 〓 リトアニア国立オペラ宛の《トゥーランドット》の衣装盗まれる

  2. ロンドン発 〓 サカリ・オラモがBBC交響楽団との契約を2022年まで延長

  3. ロンドン発 〓 ラトル&ロンドン交響楽団が若い音楽家のための無料アカデミーを創設

  4. チューリヒ発 〓 ジャナンドレア・ノセダがチューリヒ歌劇場の音楽総監督に

  5. ストックホルム発 〓 今年の“ノーベル賞の指揮者”にフィンランドのダリア・スタセヴスカ

  6. ミュンヘン発 〓 ミュンヘンに新ホール、バイエルン放送交響楽団の本拠地に

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。