ザルツブルク復活祭音楽祭 〓 ペーター・ルジツカの後任の次期芸術監督にニコラウス・バッハラー

2018/09/17

ドイツの複数のメディアが、バイエルン州立歌劇場の総裁ニコラウス・バッハラーが2020年から音楽祭の芸術監督に就任すると報じている。現職のペーター・ルジツカは5月の時点で、任期が切れる2020年の音楽祭を最後に退任すると表明していた。バッハラーは2008/09シーズンから歌劇場を率いてきたが、2020/21のシーズンを最後に退任することが決まっている。

バッハラーは1951年、オーストリアのフォーンスドルフ生まれ。ウィーンの国立音楽・演劇大学(University of Music and Performing Arts Vienna)で演劇を学んだ後、ザルツブルグ国立劇場に所属、その後、ベルリンのシラー劇場の芸術監督(1987-1990)、ウィーン芸術週間の芸術監督(1991-1996)、ウィーン・フォルクスオーパー(1996-1999)の総裁、ブルク劇場(1999-2009)の総裁を歴任している。

写真:Bayerische Staatsoper / Markus Jans

    音楽祭情報はこちら ▷


関連記事

  1. グラーツ発 〓 グラーツ歌劇場が2018/2019シーズンのラインナップを発表

  2. ベルリン発 〓 州立歌劇場が新しい音楽祭

  3. ザルツブルク音楽祭 〓 話題作《サロメ》を29日未明にストリーミング配信

  4. 訃報 〓 フランスの指揮者ジャン=クロード・マルゴワールが死去

  5. ミュンヘン・オペラ・フェスティバル 〓 2019年の新作は《サロメ》と《アグリッピーナ》

  6. グラインドボーン音楽祭 〓 次期芸術監督に演出家のステファン・ラングリッジ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。