ワルシャワ発 〓 もう一つの「ショパン・コンクール」創設

2018/09/03

ワルシャワに新しいピアノ・コンクールが創設された。古楽器によるコンクールで、「International Chopin Competition on Period Instruments」と名付けれている。開催は5年に一度の予定。ポーランド国立ショパン研究所、ポーランド放送などが行うもので、参加資格は18歳から35歳。第1回には日本を含む世界各国から30人が参加する。10人の審査員には、アンドレアス・シュタイアー、ニコライ・デミジェンコ、アレクセイ・リュビモフ、エヴァ・ポブウォツカ、ダン・タイ・ソンなど、有名ピアニストが顔を揃えている。

コンクールは3ラウンドに分かれ、第1ラウンドと第2ラウンドは、ヨハン・セバスチャン・バッハの作品と19世紀前半に活動するポーランドの作曲家によるポロネーズを含むレパートリー(ショパンの作品を除く)のソロ演奏を競い合う。第3ラウンドの本選は、6人のファイナリストがオーケストラとの共演でショパンの協奏曲を演奏する。賞金は1位から3位に15,000ユーロ、10,000ユーロ、5,000ユーロ。それ以外に、マズルカ賞が設けられ、3,000ユーロが贈られる。9月4日から第1ラウンドが始まり、12日、13日に本選が行われる。

使用されるピアノは、Erard(1838)、Erard Piano(1849)、Erard(1858)、Pleyel(1848)、Pleyel piano(1854)、John Broadwood & Sons(1843)、Pianoforte Graf(1819Copy)、Fryderyk Buchholtz(1824-25Copy)。

写真:International Chopin Competition on Period Instruments

    詳しくはこちら ▷


関連記事

  1. ミラノ発 〓 スカラ座のペレイラ総裁退任へ

  2. ロンドン発 〓 イングリッシュ・ナショナル・オペラが土曜夜の公演を18歳以下に無料開放

  3. トロント発 〓 ピエチョンカが王立音楽院の声楽部門トップに

  4. ベネチア発 〓 フェニーチェ劇場が2018/2019シーズンのスケジュールを発表

  5. ストックホルム発 〓 バリトンのハーゲゴールにセクハラ疑惑、役職辞任

  6. アムステルダム発 〓 ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団がセクハラ疑惑を報じられた首席指揮者のダニエル・ガッティを解任

  7. ロンドン発 〓 ロストロポーヴィチ夫妻の遺品にオークションで高値

  8. グラインドボーン音楽祭 〓 コンクール「オペラ・カップ」終了、優勝はサマンサ・ハンキー

  9. ウィーン発 〓 メータが「オペルンバル」の指揮をキャンセル

  10. チューリヒ発 〓 ジャナンドレア・ノセダがチューリヒ歌劇場の音楽総監督に

  11. インディアナポリス発 〓 第10回「インディアナポリス国際ヴァイオリンコンクール」で外村理紗が2位

  12. ダラス発 〓 ヴォータンの代役が出番ギリギリで会場到着

  13. マグデブルク発 〓 マグデブルク劇場の次期音楽総監督にアンナ・スクリレーワ

  14. セイジ・オザワ松本フェスティバル 〓 2018年のプログラムを発表

  15. バイロイト音楽祭 〓 2019年の《タンホイザー》でゲルギエフが音楽祭デビュー

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。