ワルシャワ発 〓 もう一つの「ショパン・コンクール」創設

2018/09/03

ワルシャワに新しいピアノ・コンクールが創設された。古楽器によるコンクールで、「International Chopin Competition on Period Instruments」と名付けれている。開催は5年に一度の予定。ポーランド国立ショパン研究所、ポーランド放送などが行うもので、参加資格は18歳から35歳。第1回には日本を含む世界各国から30人が参加する。10人の審査員には、アンドレアス・シュタイアー、ニコライ・デミジェンコ、アレクセイ・リュビモフ、エヴァ・ポブウォツカ、ダン・タイ・ソンなど、有名ピアニストが顔を揃えている。

コンクールは3ラウンドに分かれ、第1ラウンドと第2ラウンドは、ヨハン・セバスチャン・バッハの作品と19世紀前半に活動するポーランドの作曲家によるポロネーズを含むレパートリー(ショパンの作品を除く)のソロ演奏を競い合う。第3ラウンドの本選は、6人のファイナリストがオーケストラとの共演でショパンの協奏曲を演奏する。賞金は1位から3位に15,000ユーロ、10,000ユーロ、5,000ユーロ。それ以外に、マズルカ賞が設けられ、3,000ユーロが贈られる。9月4日から第1ラウンドが始まり、12日、13日に本選が行われる。

使用されるピアノは、Erard(1838)、Erard Piano(1849)、Erard(1858)、Pleyel(1848)、Pleyel piano(1854)、John Broadwood & Sons(1843)、Pianoforte Graf(1819Copy)、Fryderyk Buchholtz(1824-25Copy)。

写真:International Chopin Competition on Period Instruments

    詳しくはこちら ▷


関連記事

  1. インスブルック発 〓 チロル交響楽団の首席指揮者に英国の若手指揮者ケレム・ハサン

  2. ナポリ発 〓 サンカルロ劇場が2018/2019シーズンのラインナップを発表

  3. ウィーン発 〓 ヤンソンスがウィーン・フィルハーモニーの名誉団員に

  4. ローマ発 〓 ローマ歌劇場が2018/2019シーズンのラインナップを発表

  5. 北京発 〓 故宮で「ドイツ・グラモフォン」創立120年記念コンサート

  6. ルートヴィヒスハーフェン・アム・ライン発 〓 ラインラント=プファルツ州立フィルが次期首席指揮者にマイケル・フランシス

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。