ルートヴィヒスブルク音楽祭 〓 音楽祭が閉幕、クローザーはズーカーマン

2018/07/25

5月初めから続いていたドイツのルートヴィヒスブルク音楽祭(Ludwigsburger Schlossfestspiele)が23日に閉幕した。クロージング・コンサートの主役を務めたのは、ヴァイオリンのピンカス・ズーカーマンのコンサートだった。音楽祭によると、今年は音楽祭に3万5000人余りが来場。約60のイベントの半分以上が売り切れるなど、稼働率は80%で、前年より3%のアップしたという。今年のオペラは7月上旬に上演されたヘンデルのオペラ《ルーチョ・コルネリオ・シッラ》。ヴァイオリンのドミトリー・シンコフスキー、カウンターテナーのフィリップ・マトマン、ドロテー・オベルリンガー率いるアンサンブル1700らが出演した。また、今年の「サプライズ・ゲスト」はヴァイオリンのヴィヴィアン・ハーグナーが務めた。一方、コンサートとしては、ピエタリ・インキネン率いる音楽祭管弦楽団のコンサートの他、南アフリカのユース・オーケストラ「MIAGI=Music is a great Investment」のよるネルソン・マンデラの生誕100周年を記念コンサートなどが話題を集めた。

写真:Ludwigsburger Schlossfestspiele / Richard Dannenmann

    音楽祭のサイトへ ▷


関連記事

  1. ベルリン発 〓 ベルリン州立歌劇場が2019/2020シーズンの公演ラインナップを発表

  2. ベルリン発 〓 第1回「オーパス・クラシック賞」決まる

  3. ケルン発 〓 WDR交響楽団の次期首席指揮者にマチェラル

  4. ベルリン発 〓 ドイツ・オペラが2018/2019シーズンのラインナップを発表

  5. ベルリン発 〓 ドイツのオペラ雑誌「オペルンヴェルト」が「オブ・ザ・イヤー」を発表

  6. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルの首席ホルン奏者デヴィッド・クーパーが退団

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。