ワシントン発 〓 ナショナル交響楽団がジャナンドレア・ノセダとの契約を延長

2018/09/24

米国ワシントンを本拠地とするナショナル交響楽団(NSO)が、音楽監督のジャナンドレア・ノセダ(Gianandrea Noseda)との契約を2025年まで延長したと発表した。ノセダは昨シーズン2017/2018シーズン、着任したばかり(任期は2021年まで)。1年の活動で任期がさらに4年契約された。ナショナル交響楽団はまた、ノセダがリーダーシップを取るさなざまな活動を支援するための特別資金1000万ドルを調達したと発表した。

ナショナル交響楽団は1931年、国事行為や公的な祝祭日のために演奏するためのオーケストラとして設立された団体。本拠地はケネディ・センター。そういう性格の団体の音楽監督に1977年、1974年に旧ソ連を出国してそのまま亡命したムスティスラフ・ロストロポーヴィチ(Mstislav Rostropovich)が突然就任したことでその存在が大きくクローズアップされた。ロストロポーヴィチは1994年まで音楽監督を務め、1990年にはゴルバチョフ体制のソ連へツアーも行っている。

写真:Gianandrea Noseda.com


    詳しくはこちら ▷


関連記事

  1. 東京発 〓 ブロムシュテットが「春の叙勲」で「旭日中綬章」を受章

  2. リスボン発 〓 「オペラリア」2018が閉幕

  3. 第2回「スピヴァコフ国際ヴァイオリン・コンクール」はスペインのマリア・ドゥエニャスが優勝

  4. ウィーン発 〓 ウィーン・フィルが2019年の「ニューイヤー・コンサート」のプログラムを発表

  5. ナンシー発 〓 ロレーヌ国立オペラが2018/2019シーズンのラインナップを発表

  6. シカゴ発 〓 シカゴ交響楽団が2019/2020シーズンのラインナップを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。