ゴーリッシュ発 〓 アンドリス・ネルソンスに2018年の年間賞

2019/03/05

ボストン交響楽団の音楽監督、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団の首席指揮者を務めるアンドリス・ネルソンス(Andris Nelsons)が音楽祭「国際ショスタコーヴィチ・ターゲ」から2018年の年間賞を贈られた。音楽祭は2010年にスタート。毎年6月、ドレスデン近くのゴーリッシュ(Gohrisch)という保養地で3日間開催されている。ショスタコーヴィチは1960年から1972年にかけてゴーリッシュに保養に出掛けており、1960年7月12日から14日にかけて有名な弦楽四重奏曲第8番を作曲した。

賞に賞金はなく、過去の受賞者にはルドルフ・バルシャイ、クルト・ザンデルリンク、ボロディン弦楽四重奏団、ギドン・クレーメル、ユール・テミルカーノフなどがいる。ネルソンズは目下、ボストン交響楽団との間でショスタコーヴィチの交響曲全集の録音を進めている。これまでにリリースされた3枚のアルバムはすべて、「グラミー賞」の「最優秀オーケストラ演奏賞」を受賞してきた(10番が2015年、5番、8番、9番が2016年、4番と11番が2018年)。授章式は今年の音楽祭の最終日6月23日に行われ、ネルソンスに賞が授与される。

写真:Boston Symphony Orchestra / Robert Torres


関連記事

  1. マドリード発 〓 サン・ロレンソ・デ・エル・エスコリアルのホールが「テレサ・ベルガンサ・オーディトリアム」に

  2. ルツェルン音楽祭 〓 音楽祭は夏だけに!?

  3. リーズ発 〓 国際ピアノ・コンクールが閉幕

  4. エディンバラ国際芸術祭 〓 リネハン総監督との契約を2022年まで延長

  5. パリ発 〓 「ロン=ティボー=クレスパン国際コンクール」のヴァイオリン部門は、ウクライナのディアナ・ティシュチェンコが優勝

  6. ダラス発 〓 ダラス交響楽団の次期音楽監督にファビオ・ルイージ

  7. バルセロナ発 〓 カタリーナ・ワーグナーがリセウ劇場《ローエングリン》を演出

  8. ハノーファー発 〓 アンドルー・マンゼが北ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団との契約を更改

  9. ザルツブルク音楽祭 〓 ベルギーの若手歌手が「夜の女王」の代役で大成功

  10. ストックホルム発 〓 2018年の「ビルギット・ニルソン賞」はシュテンメに

  11. ロサンゼルス発 〓 ギレンホール主演でバーンスタインの生涯を映画化

  12. 広島発 〓 広島交響楽団が2019年度の公演ラインナップを発表

  13. テルアビブ発 〓 メータがイスラエル・フィルと“さよならコンサート”

  14. ダラス発 〓 ダラス・オペラが2019/2020シーズンのラインナップを発表

  15. ベルリン発 〓 アルテミス・カルテットの新メンバー決定

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。