ゴーリッシュ発 〓 アンドリス・ネルソンスに2018年の年間賞

2019/03/05

ボストン交響楽団の音楽監督、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団の首席指揮者を務めるアンドリス・ネルソンス(Andris Nelsons)が音楽祭「国際ショスタコーヴィチ・ターゲ」から2018年の年間賞を贈られた。音楽祭は2010年にスタート。毎年6月、ドレスデン近くのゴーリッシュ(Gohrisch)という保養地で3日間開催されている。ショスタコーヴィチは1960年から1972年にかけてゴーリッシュに保養に出掛けており、1960年7月12日から14日にかけて有名な弦楽四重奏曲第8番を作曲した。

賞に賞金はなく、過去の受賞者にはルドルフ・バルシャイ、クルト・ザンデルリンク、ボロディン弦楽四重奏団、ギドン・クレーメル、ユール・テミルカーノフなどがいる。ネルソンズは目下、ボストン交響楽団との間でショスタコーヴィチの交響曲全集の録音を進めている。これまでにリリースされた3枚のアルバムはすべて、「グラミー賞」の「最優秀オーケストラ演奏賞」を受賞してきた(10番が2015年、5番、8番、9番が2016年、4番と11番が2018年)。授章式は今年の音楽祭の最終日6月23日に行われ、ネルソンスに賞が授与される。

写真:Boston Symphony Orchestra / Robert Torres


関連記事

  1. ベルリン発 〓 クシシュトフ・ポロネクがベルリン・フィルのコンサート・マスターに

  2. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立歌劇場がオンデマンド配信のスケジュールを発表

  3. ゲッティンゲン・ヘンデル音楽祭 〓 次期音楽監督にジョージ・ペトロウ

  4. METサマーHDフェスティバル 〓 この夏のラインナップを発表

  5. ハレ発 〓 ドイツ映画音楽賞の国際賞にレイチェル・ポートマン

  6. 訃報 〓 世界的なバス=バリトン、テオ・アダム

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。