ドレスデン発 〓 ザクセン州立歌劇場が2019/2020シーズンの公演ラインナップを発表

2019/02/22

「ゼンパー・オパー」として知られるザクセン州立歌劇場が2019/2020シーズンの公演ラインナップを発表した。新制作は、ロッシーニ《ランスへの旅》、リゲティ《ル・グラン・マカーブル》、ワーグナー《ニュルンベルクのマイスタージンガー》、ヴェルディ《ドン・カルロ》、オッフェンバック《ジェロルスタン大公妃》、それに世界初演となるトルステン・ラッシュの《The Other Wife》の6演目。

ラッシュは1965年、ドレスデンの生まれ。1990年から一時期、日本で映画音楽制作や「ヒカシュー」のメンバーとして活躍した。《The Other Wife》の台本はドイツの作家ヘルムート・クラウサーが手掛ける。新制作のうち、《蝶々夫人》の演出を宮本亜門、衣装を高田賢三が手掛ける。また、アンナ・ネトレプコが《ドン・カルロ》エリザベッタ役に初めて挑戦する。クリスティアン・ティーレマンは《ドン・カルロ》と《ニュルンベルクのマイスタージンガー》を指揮する。

ロッシーニ《ランスへの旅》
2019年9月28日ー10月11日
演出:ラウラ・スコッツィ
指揮:フランチェスコ・ランツィロッタ
出演:エレナ・ゴルシュノヴァ / マリア・カタエヴァ / トゥーリ・タカラ / ユリア・マリア・ダン / ゲオルク・ツェッペンフェルト / 他

リゲティ《ル・グラン・マカーブル》
2019年11月3日ー11月29日
演出:カリスト・ビエイト
指揮:オメール・メイア・ヴェルバー
出演:クリスティーナ・ボック / ゲアハルト・ジーゲル / マルクス・マルカルト / マティアス・ヘンネベルク / 他

ワーグナー《ニュルンベルクのマイスタージンガー》
2020年1月26日ー2月16日
演出:イェンス=ダニエル・ヘルツォーク
指揮:クリスティアン・ティーレマン
出演:クラウス・フロリアン・フォークト / ゲオルク・ツェッペンフェルト / 他

オッフェンバック《ジェロルスタン大公妃》
2020年2月29日ー3月26日 / 7月1日・7日
演出:ヨーゼフ・E ケップリンガー
指揮:ジョナサン・ダーリントン
出演:アンネ・シュヴァーヴィルムス / ダニエル・プロハスカ / マクシミリアン・マイヤー / マーティン・ウィンクラー / 他

プッチーニ《蝶々夫人》
2020年4月26日ー5月31日
演出:宮本亜門
指揮:ロレンツォ・ヴィオッティ
出演:フラチュヒ・バセンツ / クリスタ・ マイヤー / フレディ・デ・トマソ / クリストフ・ポール / 他

ヴェルディ《ドン・カルロ》
2020年5月23日ー6月1日
演出:ヴェラ・ネミロヴァ
指揮:クリスティアン・ティーレマン
出演:アンナ・ネトレプコ / ユシフ・エイヴァゾフ / エカテリーナ・セメンチュク / イルダル・アブドラザコフ / ゲオルク・ツェッペンフェルト / 他

トルステン・ラッシュ《The Other Wife》
2020年6月3日ー24日
演出:イモ・カラマン
指揮:ローランド・クルティヒ
出演:スーザン・ディヒム / マルクス・マルカルト / エヴェリン・ヘルリツィウス / ステパンカ・プカルコヴァ / 他

写真:Semperoper Dresden

    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ロンドン発 〓 ダリア・ポーラがBBC交響楽団の首席客演指揮者に

  2. ドレスデン音楽祭 〓 第16回の音楽祭賞はヴァイオリンのジョシュア・ベルに

  3. レーゲンスブルク発 〓 台湾出身のチンジャオ・リンがレーゲンスブルク歌劇場の音楽総監督に

  4. シカゴ発 〓 シカゴ交響楽団の楽団員がストライキに突入

  5. 東京発 〓 新国立劇場が2019/2020シーズンの公演ラインナップを発表

  6. モスクワ発 〓 第16回チャイコフスキー国際コンクールが閉幕、藤田真央がピアノ部門で2位に

  7. ウィーン発 〓 ビリャソンが手術で休養

  8. マインツ発 〓 作曲家イェルク・ヴィトマンに第4回「ロベルト・シューマン」賞

  9. ベルリン発 〓 ベルリン州立歌劇場、2018/2019シーズンのラインナップを発表

  10. ヒューストン発 〓 ヒューストン・グランド・オペラが首席客演指揮者にキム・ウンソン

  11. びわ湖クラシック音楽祭 〓 2019年のプログラムを発表

  12. バルセロナ発 〓 リセウ劇場が2018/2019シーズンのラインアップを発表

  13. ガーシントン・オペラ 〓 2019年のスケジュールを発表

  14. 東京発 〓 ロイヤル・オペラ、日本ツアーの詳細決まる

  15. テルアビブ発 〓 ワーグナーの音楽を放送したラジオ局が謝罪

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。