グラインドボーン音楽祭 〓 次期芸術監督に演出家のステファン・ラングリッジ

2018/08/11

英国グラインドボーン音楽祭の次期芸術監督に、演出家のステファン・ラングリッジが就任することになった。辞任したセバスチャン・シュワルツの後任で、赴任は来年の春になるという。ラングリッジはテノール歌手フィリップ・ラングリッジ(1939-2010)の息子で、英国を中心にオペラの演出を数多く手掛け、2013年からスウェーデンのエーテボリ・オペラの芸術監督を務めている。

写真:Göteborgs Operan / Joakim Hovrevik

関連記事

  1. ヴェローナ音楽祭 〓 2019年のキャスティングを発表

  2. オールドバラ音楽祭 〓 2018年は第70回

  3. リガ発 〓 マルタン・エングストロームがラトビアに新しい音楽祭を創設

  4. ベルリン音楽祭 〓 2018年の音楽祭のプログラムを発表

  5. ロンドン発 〓 サカリ・オラモがBBC交響楽団との契約を2022年まで延長

  6. ザルツブルク音楽祭 〓 2018年の夏の音楽祭のプログラムを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。