グラインドボーン音楽祭 〓 次期芸術監督に演出家のステファン・ラングリッジ

2018/08/11

英国グラインドボーン音楽祭の次期芸術監督に、演出家のステファン・ラングリッジが就任することになった。辞任したセバスチャン・シュワルツの後任で、赴任は来年の春になるという。ラングリッジはテノール歌手フィリップ・ラングリッジ(1939-2010)の息子で、英国を中心にオペラの演出を数多く手掛け、2013年からスウェーデンのエーテボリ・オペラの芸術監督を務めている。

写真:Göteborgs Operan / Joakim Hovrevik

関連記事

  1. バイロイト音楽祭 〓 新しい《ニーベルングの指環》シリーズの指揮者にピエタリ・インキネン

  2. デトロイト発 〓 スラトキンがバイパス手術で4月、5月の公演をキャンセル

  3. ニューヨーク発 〓 ダニール・トリフォノフが怪我で休養

  4. アントワープ発 〓 フランダース・オペラの音楽監督にアレホ・ペレス

  5. オスロ発 〓 ロストロポーヴィチのチェロはトルレイフ・テデーンに

  6. 訃報 〓 ペーター・マスース、オランダを代表するトランペット奏者

  7. 訃報 〓 指揮者のヘスス・ロペス・コボス死去

  8. プラハ発 〓 チェコ・フィルの首席指揮者にビシュコフが就任

  9. ロンドン発 〓 18歳のチェリスト、カネー=メイソンのデビュー・アルバムが快走

  10. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団がオリジナルのフルトヴェングラー全集を発売

  11. シカゴ発 〓 サンフランシスコ響の楽団員、シカゴ響の楽団員のストを支援

  12. 香港発 〓 香港フィルがズヴェーデン指揮のマーラーを200ドルで

  13. ミュンヘン発 〓 永田音響設計が「ガスタイク」の音響設計を担当

  14. 広島発 〓 広島交響楽団が2019年度の公演ラインナップを発表

  15. パリ発 〓 新しい“リング”含め、パリ国立オペラが2019/2020シーズンの公演ラインナップを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。