グラインドボーン音楽祭 〓 次期芸術監督に演出家のステファン・ラングリッジ

2018/08/11

英国グラインドボーン音楽祭の次期芸術監督に、演出家のステファン・ラングリッジが就任することになった。辞任したセバスチャン・シュワルツの後任で、赴任は来年の春になるという。ラングリッジはテノール歌手フィリップ・ラングリッジ(1939-2010)の息子で、英国を中心にオペラの演出を数多く手掛け、2013年からスウェーデンのエーテボリ・オペラの芸術監督を務めている。

写真:Göteborgs Operan / Joakim Hovrevik

関連記事

  1. アムステルダム発 〓 オランダ国立オペラが2019/2020シーズンの上演ラインナップを発表

  2. ミュンヘン発 〓 グルベローヴァがバイエルン州立歌劇場に別れ

  3. ミラノ発 〓 スカラ座が2019/2020シーズンの公演ラインナップを発表

  4. モスクワ発 〓 人気ソプラノのアイーダ・ガリフッリーナが料理本を出版

  5. モスクワ発 〓 ボリショイ劇場博物館が創立100周年の記念展示

  6. ブレゲンツ音楽祭 〓 2021年、2022年はホモキ演出の《蝶々夫人》

  7. ウィーン発 〓 ブロムシュテットがウィーン・フィルの名誉会員に

  8. パリ発 〓 パリ国立オペラのコンサート・マスターにペッテリ・イーヴォネン

  9. リッチモンド発 〓 次回のメニューイン・コンクールの審査委員長はパメラ・フランク

  10. マドリード発 〓 サン・ロレンソ・デ・エル・エスコリアルのホールが「テレサ・ベルガンサ・オーディトリアム」に

  11. ハンブルク発 〓 アンネ・ソフィー・フォン・オッターが「#MeToo運動」に異議

  12. ベルリン発 〓 ドイツ・グラモフォンが120周年記念コンサートをライブ配信

  13. 大阪発 〓 大阪フィルを指揮して、デュトワが日本の音楽シーンに復帰

  14. オールドバラ音楽祭 〓 2018年は第70回

  15. 大津発 〓 開館20周年記念公演をあす土曜日にも追加開催、台風直撃でびわ湖ホール

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。