東京発 〓 カラスのドキュメンタリー作品「私は、マリア・カラス」12月から日本で公開

2018/09/27

伝説のオペラ歌手マリア・カラス(Maria Callas)を描いたドキュメンタリー作品「私は、マリア・カラス=Maria by Callas」の日本での公開が決まった。TOHOシネマズ・シャンテ他で12月に公開される。2017年の作品で、監督はトム・ヴォルフ(Tom Volf)。ヴォルフはこの映画を作るため、3年の歳月をかけて彼女の未完の自叙伝やこれまで公開されていなかったプライベートな手紙、自宅でリラックスする姿や友人たちと豪華クルーズを楽しむ姿などを収めたプライベートな映像を発掘。また、熱狂的なファンが無許可で撮影した映像や放送されなかったインタビュー映像なども集めたという。モノクロ映像は写真を基にカラー化されている。手紙の朗読役には、2003年公開の映画『永遠のマリア・カラス』でカラスを演じたファニー・アルダンが起用されている。

カラスは1923年、ニューヨーク生まれのギリシャ系アメリカ人。1977年に53歳でパリで亡くなった。個性的な歌声と内面に深く踏み込んだ表現、エキゾチックな美貌で世界中の音楽ファンを虜にしたソプラノ歌手で、そのカリスマ性と華やかな生活ぶりで多くの話題を提供、戦後を代表するスターの一人でもある。映画にはカラス以外に愛人関係にあったギリシャの海運王アリストテレス・オナシスをはじめ、マリリン・モンロー、アラン・ドロン、イヴ・サンローラン、ジョン・F・ケネディ、ルキノ・ヴィスコンティ、ウィンストン・チャーチル、グレース・ケリー、エリザベス・テイラーたちも登場する。映画の中の映像の半分以上が、“初公開”の映像という。

写真:2017 – Eléphant Doc – Petit Dragon – Unbeldi Productions – France 3 Cinéma ©Fonds de Dotation Maria Callas


    詳しくはこちら ▷


関連記事

  1. ロンドン発 〓 ロイヤル・オペラ・ハウスがパッパーノとの契約を延長

  2. ザルツブルク音楽祭 〓 2019年から「キューネ財団」が最大のスポンサーに

  3. ガーシントン・オペラ 〓 2019年のスケジュールを発表

  4. バイロイト音楽祭 〓 ゲルギエフが《タンホイザー》の指揮をキャンセル、代役にティーレマン

  5. ワシントン発 〓 ナショナル交響楽団がジャナンドレア・ノセダとの契約を延長

  6. ミネアポリス発 〓 オスモ・ヴァンスカがミネソタ管の音楽監督を退任

  7. ロンドン発 〓 ルプーが引退へ

  8. トリノ発 〓 RAI国立交響楽団の開幕コンサートをライブ放送

  9. 広島発 〓 広島交響楽団が2019年度の公演ラインナップを発表

  10. デュッセルドルフ発 〓 ライン・ドイツ・オペラが2018/2019シーズンのラインナップを発表

  11. ルツェルン音楽祭 〓 音楽祭は夏だけに!?

  12. ザルツブルク音楽祭 〓 2018年の夏の音楽祭のプログラムを発表

  13. ロンドン発 〓 サカリ・オラモがBBC交響楽団との契約を2022年まで延長

  14. サンクトペテルブルク発 〓 デュトワがサンクトペテルブルク・フィルハーモニー交響楽団の首席客演指揮者に

  15. ケルン発 〓 ギュルツェニヒ管弦楽団が音楽監督フランソワ=グザヴィエ・ロトとの契約を延長

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。