アムステルダム発 〓 コンセルトヘボウ管が独自のユース・オーケストラ

2019/01/26

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団(Royal Concertgebouw Orchestra)がこの夏、独自にユース・オーケストラを起ち上げることになった。メンバーは14歳から17歳の若い演奏家をヨーロッパ全域から集め、アムステルダムとブリュッセルで、チャイコフスキーの交響曲第4番などのプログラムでコンサートを行う。指揮者はパブロ・エラス=カサド(Pablo Heras-Casado)。エラス=カサドは1977年、スペインのグラナダの生まれ。地元のグラナダ・フェスティヴァルの音楽監督を務めている他、マドリードのレアル劇場の首席客演指揮者を務めている。

写真:https://www.facebook.com/herascasado/


関連記事

  1. ウィーン発 〓 ジョン・ウィリアムズがウィーン・フィルとのコンサートをキャンセル

  2. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場がドミンゴの劇場デビュー50周年を祝福

  3. ロンドン発 〓 ロストロポーヴィチ夫妻の遺品にオークションで高値

  4. モスクワ発 〓 ボリショイ劇場博物館が創立100周年の記念展示

  5. ダラス発 〓 ヴォータンの代役が出番ギリギリで会場到着

  6. ロンドン発 〓 ラトル&ロンドン交響楽団が若い音楽家のための無料アカデミーを創設

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。