アムステルダム発 〓 コンセルトヘボウ管が独自のユース・オーケストラ

2019/01/26

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団(Royal Concertgebouw Orchestra)がこの夏、独自にユース・オーケストラを起ち上げることになった。メンバーは14歳から17歳の若い演奏家をヨーロッパ全域から集め、アムステルダムとブリュッセルで、チャイコフスキーの交響曲第4番などのプログラムでコンサートを行う。指揮者はパブロ・エラス=カサド(Pablo Heras-Casado)。エラス=カサドは1977年、スペインのグラナダの生まれ。地元のグラナダ・フェスティヴァルの音楽監督を務めている他、マドリードのレアル劇場の首席客演指揮者を務めている。

写真:https://www.facebook.com/herascasado/


関連記事

  1. ウィーン発 〓 ウィーン・フィルが2019年の「ニューイヤー・コンサート」のプログラムを発表

  2. プラハ発 〓 国立歌劇場の音楽監督にカール・ハインツ・シュテフェンス

  3. 訃報 〓 中国を代表するヴァイオリニスト、盛中国

  4. ヌスドルフ発 〓 作曲家ワーグナーの最後の孫が死去

  5. バルセロナ発 〓 バルセロナ交響楽団が音楽監督の大野和士との契約を延長

  6. パリ発 〓 デュトワの復帰、波高し

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。