パレルモ発 〓 テアトロ・マッシモの音楽監督にオメール・メイア・ヴェルバー

2018/07/27

イタリアのテアトロ・マッシモ(Teatro Massimo)が2020年から、イスラエル出身の指揮者オメール・メイア・ヴェルバー(Omer Meir Wellber)を音楽監督に迎えることになった。ヴェルバーは1981年、イスラエル南部ベエルシェバ(Be’er Sheva)生まれの36歳。テルアビブの音楽アカデミーなどで学び、ラアナナ・シンフォニエッタ(Ra’anana Symphonette Orchestra)、イスラエル・オペラの指揮者として活動をスタート。その後、各地の歌劇場、オーケストラを指揮。2011-2014年にかけてスペイン・バレンシアのソフィア芸術宮殿(Palau de les Arts Reina Sofia)の音楽監督を務めた。2018-2019シーズンからはドレスデンのザクセン州立歌劇場の首席客演指揮者に就任する。また、10月には、ビゼーの歌劇《カルメン》を指揮して、ニューヨークのメトロポリタン歌劇場にデビューすることが決まっている。日本へは2010年、「サイトウ・キネン・フェスティバル松本」でリヒャルト・シュトラウスの歌劇《サロメ》を指揮してデビューしている。

テアトロ・マッシモはイタリア南部シチリア島の中心都市パレルモにあるオペラハウス。劇場のこけら落としは1897年、ヴェルディの歌劇《ファルスタッフ》を上演して行われている。客席数は1400席弱ながら、建物はウィーン国立歌劇場、パリのガルニエ宮に次いで、ヨーロッパで3番目に大きいオペラハウスとして知られる。しかし、1974年から始まった大修復にマフィアが介入して工事が頓挫、23年間も閉鎖されたまま放置されるという事態に。閉鎖中、劇場が映画「ゴッドファーザーPart3」の撮影に使われたことは有名で、マイケルの息子がオペラ歌手デビューする場面にロイヤル・ボックスが映り、マイケルを狙った弾がそれて娘に当たる場面に正面の階段が映っている。再開場が実現したのは開場100周年に当たる1997年。この時、パレルモ出身の作曲家フランコ・マンニーノ、クラウディオ・アバドの二人がベルリン・フィルハーモニー管弦楽団を指揮する記念コンサートが行われた。また、2007年には初の日本公演を実現させた。

写真:Wilfried-Hösl / IMG Artists

関連記事

  1. ローマ発 〓 ローマ歌劇場が2018/2019シーズンのラインナップを発表

  2. パリ発 〓 ピアニストのランランが結婚

  3. デュッセルドルフ発 〓 シューマンの旧居を博物館に

  4. ウィーン発 〓 ウィーン交響楽団が次期首席指揮者にオロスコ=エストラーダ

  5. アムステルダム発 〓 北欧ツアーの代役でディーマ・スロボデニュークがロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団デビュー

  6. パリ発 〓 デュトワがフランス国立管を指揮してフランス音楽界復帰

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。