東京発 〓 クス・カルテットが日本音楽財団の「パガニーニ・クァルテット」使って演奏会

2019/05/02

日本音楽財団が所有する「パガニーニ・クァルテット」がドイツのクス・カルテット(Kuss Quartett)に一時的に貸与されることになった。クス・カルテットが6月2日から13日にかけて東京のサントリーホールで行う、ベートーヴェンの弦楽四重奏曲の連続演奏会で使われるという。

クス・カルテットは1991年、ベルリンのハンス・アイスラー音楽大学の学生だった4人が結成した。ヴァイオリンはヤーナ・クス、オリヴァー・ヴィレ、ヴィオラのウィリアム・コールマン、チェロはミカエル・ハクナザリアン。1997年のブンデンロイト、1998年のカール・クリングラー、2001年のバンフ国際弦楽四重奏といったコンクールに入賞。2002年にはパオロ・ボルチアーニ・コンクールで優勝している。ベルリンを拠点に国際的な活躍を続けている。

イタリアの名工アントニオ・ストラディヴァリ(1644〜1737)が製作したヴァイオリン、ヴィオラ、チェロを組み合わせた弦楽四重奏向けのセットは世界で6つ、とされているが、財団の「パガニーニ・クァルテット」はその一つ。伝説的なヴァイオリニスト、ニコロ・パガニーニ(1782〜1840)が所有していたことからその名が付いた。1680年製ヴァイオリン「パガニーニ」、1727年製ヴァイオリン「パガニーニ」、1731年製ヴィオラ「パガニーニ」、1736年製チェロ「パガニーニ」から構成される。

財団は1994年に米国のコーコラン美術館から購入。1995年から2013年まで長く東京クヮルテットに貸与された後、2013年から2017年にハーゲン・カルテットに、2017年から2018年11月まではクレモナ・カルテットに貸し出されている。

写真:Kuss Quartett


関連記事

  1. アトランティックシティ発 〓 「ミス・アメリカ2019」に若手オペラ歌手

  2. 東京発 〓 大野和士が東京都交響楽団との契約を延長

  3. ザルツブルク発 〓 ゲルギエフが《シモン・ボッカネグラ》を指揮して現場復帰

  4. クラスノヤルスク発 〓 空港にバリトンのホフストフスキーの名前

  5. ウィーン発 〓 コニエチュニーに「宮廷歌手」の称号

  6. アスペン音楽祭 〓 ルネ・フレミングが芸術監督に

  7. パリ発 〓 ピアニストのランランが結婚

  8. ウィーン発 〓 ウィーン国立歌劇場が2019/2020シーズンの公演ラインナップを発表

  9. シカゴ発 〓 シカゴ響がムーティとの契約を延長

  10. [ 新作オペラFLASH 2018 ]ミュンヘン・オペラ・フェスティバル 〓 パルジファル

  11. ベルリン発 〓 メータ、ベルリン・フィルの名誉会員に

  12. ロンドン発 〓 訃報:バリトンのホフストフスキー死去

  13. ロサンゼルス発 〓 ロサンゼルス・オペラが2019/2020シーズンのラインナップを発表

  14. 訃報 〓 ヘルムート・フロシャウアー, オーストリアの指揮者

  15. ウィーン発 〓 代役は指揮者!?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。