東京発 〓 クス・カルテットが日本音楽財団の「パガニーニ・クァルテット」使って演奏会

2019/05/02

日本音楽財団が所有する「パガニーニ・クァルテット」がドイツのクス・カルテット(Kuss Quartett)に一時的に貸与されることになった。クス・カルテットが6月2日から13日にかけて東京のサントリーホールで行う、ベートーヴェンの弦楽四重奏曲の連続演奏会で使われるという。

クス・カルテットは1991年、ベルリンのハンス・アイスラー音楽大学の学生だった4人が結成した。ヴァイオリンはヤーナ・クス、オリヴァー・ヴィレ、ヴィオラのウィリアム・コールマン、チェロはミカエル・ハクナザリアン。1997年のブンデンロイト、1998年のカール・クリングラー、2001年のバンフ国際弦楽四重奏といったコンクールに入賞。2002年にはパオロ・ボルチアーニ・コンクールで優勝している。ベルリンを拠点に国際的な活躍を続けている。

イタリアの名工アントニオ・ストラディヴァリ(1644〜1737)が製作したヴァイオリン、ヴィオラ、チェロを組み合わせた弦楽四重奏向けのセットは世界で6つ、とされているが、財団の「パガニーニ・クァルテット」はその一つ。伝説的なヴァイオリニスト、ニコロ・パガニーニ(1782〜1840)が所有していたことからその名が付いた。1680年製ヴァイオリン「パガニーニ」、1727年製ヴァイオリン「パガニーニ」、1731年製ヴィオラ「パガニーニ」、1736年製チェロ「パガニーニ」から構成される。

財団は1994年に米国のコーコラン美術館から購入。1995年から2013年まで長く東京クヮルテットに貸与された後、2013年から2017年にハーゲン・カルテットに、2017年から2018年11月まではクレモナ・カルテットに貸し出されている。

写真:Kuss Quartett


関連記事

  1. アムステルダム発 〓 ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団がセクハラ疑惑を報じられた首席指揮者のダニエル・ガッティを解任

  2. アムステルダム発 〓 北欧ツアーの代役でディーマ・スロボデニュークがロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団デビュー

  3. 訃報 〓 中国を代表するヴァイオリニスト、盛中国

  4. 上海発 〓 第2回「上海アイザック・スターン国際ヴァイオリン・コンクール」閉幕

  5. ロンドン発 〓 イングリッシュ・ナショナル・オペラが土曜夜の公演を18歳以下に無料開放

  6. アントワープ発 〓 フランダース・オペラの音楽監督にアレホ・ペレス

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。