ブダペスト発 〓 イヴァン・フィッシャーが失明の危機だったと告白

2018/08/04

ヴェルビエ音楽祭への出演をキャンセルしたイヴァン・フィッシャー(Iván Fischer)がファンや関係者向けにメッセージを発表、右目が失明の危機に陥っていたことを明らかにした。それによると、フィッシャーは6月にベルリンで2回の手術を受けたが、7月12日になって網膜が剥離、一時的に視力を失った。このため、家族との休暇を中断してブダペストに戻り、改めて2度にわたる手術を受け、網膜剥離をなんとか回避。現在は右目をシリコーンオイルで保護している状況だという。少なくともその状態を6ヶ月は続ける必要があり、その間、視力は極端に落ちるが、本人は8月下旬にブダペスト祝祭管弦楽団のツアーで現場復帰したいと考えていると述べている。

写真:Budapest Festival Orchestra


関連記事

  1. 訃報 〓 イェルク・デームス, オーストリアのピアニスト

  2. ストックホルム発 〓 スウェーデン放送響がハーディングとの契約を延長

  3. ライプチヒ発 〓 ドイツ・グラモフォンがバッハの全作品を収めた大全集

  4. バーミンガム発 〓 ミルガ・グラジニーテ=ティーラが契約を延長

  5. アムステルダム発 〓 ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団がセクハラ疑惑を報じられた首席指揮者のダニエル・ガッティを解任

  6. ベネチア発 〓 フェニーチェ劇場が2018/2019シーズンのスケジュールを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。