ブダペスト発 〓 イヴァン・フィッシャーが失明の危機だったと告白

2018/08/04

ヴェルビエ音楽祭への出演をキャンセルしたイヴァン・フィッシャー(Iván Fischer)がファンや関係者向けにメッセージを発表、右目が失明の危機に陥っていたことを明らかにした。それによると、フィッシャーは6月にベルリンで2回の手術を受けたが、7月12日になって網膜が剥離、一時的に視力を失った。このため、家族との休暇を中断してブダペストに戻り、改めて2度にわたる手術を受け、網膜剥離をなんとか回避。現在は右目をシリコーンオイルで保護している状況だという。少なくともその状態を6ヶ月は続ける必要があり、その間、視力は極端に落ちるが、本人は8月下旬にブダペスト祝祭管弦楽団のツアーで現場復帰したいと考えていると述べている。

写真:Budapest Festival Orchestra


関連記事

  1. 訃報 〓 エル・システマの創設者、ホセ・アントニオ・アブレウが死去

  2. ヒルヒェンバッハ発 〓 南ヴェストファーレン・フィルが首席指揮者にナビル・シェハタ

  3. ワルシャワ発 〓 もう一つの「ショパン・コンクール」創設

  4. ミネアポリス発 〓 オスモ・ヴァンスカがミネソタ管の音楽監督を退任

  5. パリ発 〓 フランス放送フィルのコンサートマスターに韓国出身のパク・ジユン

  6. ローマ発 〓 アルゲリッチにイタリア共和国功労勲章

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。