ザルツブルク音楽祭 〓 ソコロフのリサイタル中に祝祭大劇場の天井から雨漏り

2018/08/10

8日夜に行われたロシアのピアニスト、グリゴリー・ソコロフ(68)のリサイタルで、演奏中に雨漏りが客席を襲った。この日のプログラムは、前半がハイドンのピアノ・ソナタ32、47、49番で、49番も終わり掛けのところで天井からの雨漏りが客席を襲った。その直撃を受けた聴衆の多くが退席したが、ソコロフはそのまま演奏を続けたという。休憩時間にモップ掛けが行われたこともあってそこから聴衆は会場に戻り、後半はシューベルトの即興曲集第3番。その後、アンコールで6曲演奏されたが、その4曲目にショパンの《雨だれ》が入った。それがソコロフの茶目っ気で選ばれたかどうか定かではない。

写真:Salzburger Festspiele / Marco Borrelli

関連記事

  1. びわ湖クラシック音楽祭 〓 2019年のプログラムを発表

  2. バーデン=バーデン音楽祭 〓 バーデン=バーデン祝祭劇場、2018/2019シーズンのラインナップを発表

  3. ザルツブルク発 〓 イースター音楽祭総裁のペーター・ルジツカに名誉カップ

  4. PMF 〓 ゲルギエフ指揮で2020年にオペラを上演

  5. ウィーン発 〓 ウィーン・フィルがティーレマンの指揮でブルックナーの交響曲全曲演奏

  6. バイロイト音楽祭 〓 ロベルト・アラーニャの代役にピョートル・ベチャワ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。