ベルリン発 〓 ベルリン・フィルの首席ホルン奏者デヴィッド・クーパーが退団

2018/08/11

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の首席ホルン奏者のデヴィッド・クーパー(David Cooper)が辞任していたことが判った。退団の理由は個人的な都合とされている。クーパーは2016年末、オーディションを経て、ラデク・バボラーク(Radek Baborák)の退団で2010年から空席になっていた首席ホルン奏者に就任した。米国クーパーはミシガン州の生まれ。カーティス音楽院音楽院を卒業した後、2011年にダラス交響楽団に第3ホルンとして入団、2013年から首席ホルン。ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団では、空席となった首席奏者のみならず、首席奏者以外のホルン奏者2名のオーディションを行うことにしており、総入れ替えに近くなる。

写真:Berliner Philharmoniker


    詳細はこちら ▷

関連記事

  1. 高雄発 〓 台湾最大の総合芸術センターがオープン

  2. ベルリン発 〓 3つのオペラハウスが2018年の“興行成績”を発表

  3. ドレスデン発 〓 ドレスデン・シュターツカペレ、2018/2019シーズン概要を発表

  4. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立歌劇場が2019/2020シーズンの公演ラインナップを発表

  5. ベルリン発 〓 ベルリン州立歌劇場、2018/2019シーズンのラインナップを発表

  6. ニューヨーク発 〓 アラーニャがメトロポリタン歌劇場《サムソンとデリラ》の第3幕を降板

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。