ハンブルク発 〓 アンネ・ソフィー・フォン・オッターが「#MeToo運動」に異議

2018/08/07

メゾ・ソプラノのアンネ・ソフィー・フォン・オッター(63)がドイツの週刊新聞「Die Zeit=ディー・ツァイト」のインタビューで、セクハラや性暴力を告発する「#MeToo運動」に対する異議を述べ、議論を巻き起こしている。オッターの夫でストックホルム市立劇場(Kulturhuset Stadsteatern)の最高経営責任者だったベニー・フレドリクソンには昨年末、セクハラ疑惑が浮上。メディアの攻撃などにさらされて辞職した。その後の内部調査で疑惑は払拭されたが、なおメディアからの攻撃は止まず、復職もできなかったことから鬱状態に陥り、今年3月19日に休養先のオーストラリアで自ら58歳の生涯を閉じた。「#MeToo運動」についてはこの1月、女優のカトリーヌ・ドヌーブと100人のフランス人女性が運動を非難する公開書簡に署名したことが大きな反響を呼んだ。オッターはインタビューの中で、読者獲得のために話を誇張しがちなメディアの体質を批判、運動についても「あなたは人を壊すことができる」とバッサリ。運動の異常な熱気の中で夫を失ったオッターの発言は重く、運動をめぐる論争に一石を投じそうだ。

写真:New Zealand Festival / Mats Bäcker


    詳細はこちら ▷


関連記事

  1. パリ発 〓 ナタリー・シュトゥッツマンが「レジオンドヌール勲章」を受章

  2. フランクフルト発 〓 フランクフルト歌劇場が2018/2019シーズンのラインナップを発表

  3. ニューヨーク発 〓 ラン・ランが音楽教育に500万ドルの寄付

  4. バイロイト音楽祭 〓 アラーニャが《ローエングリン》を降板

  5. ピッツバーグ発 〓 ピッツバーグ交響楽団が音楽監督のマンフレート・ホーネックとの契約を延長

  6. タリン発 〓 エストニア国立「アルヴォ・ペルト・センター」がオープン

  7. 台北発 〓 インバルが台北市立交響楽団の首席指揮者に

  8. ブエノスアイレス発 〓 バレンボイムが聴衆に我慢できず演奏中断

  9. ラス・パルマス発 〓 「オペラ・ラス・パルマス」が2019シーズンのラインナップを発表

  10. グラインドボーン音楽祭 〓 2019年のスケジュールを発表

  11. ロンドン発 〓 エサ=ペッカ・サロネンがフィルハーモニア管を退任、2021年で

  12. ザルツブルク発 〓 イースター音楽祭総裁のペーター・ルジツカに名誉カップ

  13. ワルシャワ発 〓 ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団の次期音楽監督にアンドレイ・ボレイコ

  14. バレンシア発 〓 ビオンディがソフィア王妃芸術宮殿の芸術監督を辞任

  15. ミラノ発 〓 スカラ座がサウジアラビアからの資金提供を拒否

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。