ハンブルク発 〓 アンネ・ソフィー・フォン・オッターが「#MeToo運動」に異議

2018/08/07

メゾ・ソプラノのアンネ・ソフィー・フォン・オッター(63)がドイツの週刊新聞「Die Zeit=ディー・ツァイト」のインタビューで、セクハラや性暴力を告発する「#MeToo運動」に対する異議を述べ、議論を巻き起こしている。オッターの夫でストックホルム市立劇場(Kulturhuset Stadsteatern)の最高経営責任者だったベニー・フレドリクソンには昨年末、セクハラ疑惑が浮上。メディアの攻撃などにさらされて辞職した。その後の内部調査で疑惑は払拭されたが、なおメディアからの攻撃は止まず、復職もできなかったことから鬱状態に陥り、今年3月19日に休養先のオーストラリアで自ら58歳の生涯を閉じた。「#MeToo運動」についてはこの1月、女優のカトリーヌ・ドヌーブと100人のフランス人女性が運動を非難する公開書簡に署名したことが大きな反響を呼んだ。オッターはインタビューの中で、読者獲得のために話を誇張しがちなメディアの体質を批判、運動についても「あなたは人を壊すことができる」とバッサリ。運動の異常な熱気の中で夫を失ったオッターの発言は重く、運動をめぐる論争に一石を投じそうだ。

写真:New Zealand Festival / Mats Bäcker


    詳細はこちら ▷


関連記事

  1. アムステルダム発 〓 ホルンのケイティ・ウーリーがロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団の首席奏者に

  2. ザルツブルク復活祭音楽祭 〓 ペーター・ルジツカの後任の次期芸術監督にニコラウス・バッハラー

  3. ダブリン発 〓 RTÉ国立交響楽団が首席指揮者にスペイン出身のハイメ・マルティーン

  4. ザルツブルク音楽祭 〓 ソコロフのリサイタル中に祝祭大劇場の天井から雨漏り

  5. パリ発 〓 フルートのゴールウェイにフランス政府から芸術文化勲章

  6. ロンドン発 〓 ロイヤル・オペラ・ハウスがパッパーノとの契約を延長

  7. ミュンヘン発 〓 永田音響設計が「ガスタイク」の音響設計を担当

  8. オスロ発 〓 ノルウェー国立オペラが2018/2019シーズンのラインナップを発表

  9. ワルシャワ発 〓 ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団の次期音楽監督にアンドレイ・ボレイコ

  10. リガ発 〓 マルタン・エングストロームがラトビアに新しい音楽祭を創設

  11. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルが2018/2019シーズンの公演プログラムを発表

  12. マインツ発 〓 作曲家イェルク・ヴィトマンに第4回「ロベルト・シューマン」賞

  13. 東京発 〓 読売日本交響楽団が次期常任指揮者にヴァイグレ

  14. ボルドー発 〓 ミンコフスキがボルドー国立歌劇場との契約を延長

  15. ミラノ発 〓 スカラ座のペレイラ総裁退任へ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。