ザルツブルク音楽祭 〓 ベルギーの若手歌手が「夜の女王」の代役で大成功

2018/08/07

4日の《魔笛》の公演で、代役として「夜の女王」を歌った若手歌手が絶賛を浴びた。今年の《魔笛》は、「夜の女王」を自らの最大の当たり役にしているアルビーナ・シャジムラトヴァが出演してきたが、この日は開演3時間前になって体調不良で急きょキャンセル。開演まで時間がないため、若手歌手による「子供のための魔笛」公演に参加して「夜の女王」を歌っていたベルギー出身のエマ・ポスマンが急きょ出演した。ポスマンは1994年生まれの23歳。ゲントの王立音楽院でヘンドリキエ・ファン・ケルクホーフェに師事。その後、首都ブリュッセルのモネ劇場のアカデミーで研鑽を積んでいる。この日の公演はオーストリア放送協会(ORF)によって録画され、20万人を超える視聴者が放送を観たという。

写真:Salzburger Festspiele / Doris Wild





関連記事

  1. グラーツ発 〓 オクサーナ・リーニフが劇場との契約を延長せず

  2. ベルリン発 〓 イ・ジユンがベルリン・シュターツカペレのコンサートマスターに

  3. ウィーン発 〓 ズービン・メータがウィーン・フィルをキャンセル

  4. ガーシントン・オペラ 〓 2019年のスケジュールを発表

  5. ザルツブルク音楽祭 〓 公演DVD発売:ティーレマン&フレミング

  6. ロッシーニ・オペラ・フェスティバル 〓 2019年の音楽祭の概要を発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。