ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場、2018/19シーズン・ラインナップを発表

2018/03/14
【最終更新日】2018/10/21

ニューヨークのメトロポリタン歌劇場が15日、2018/19シーズン・ラインナップを発表した。最大の話題は、ヤニック・ネゼ=セガンが2年前倒しで2020/21シーズンから音楽監督に就任することになったこと。新演出上演は《サムソンとデリラ》、《マーニー》、《椿姫》、《アドリアーナ・ルクヴルール》の4作品で、ロベール・ルパージュが演出を手掛けた《ニーベルングの指環》のリバイバル上演なども話題。ネゼ=セガンが指揮するのは、マイケル・メイヤーが新演出を手掛ける《椿姫》の他、《ペレアス・メリザンド》、《カルメル派修道女の対話》。また、カーネギー・ホールで行う2つのコンサートも指揮する。《マーニー》は米国の若手作曲家ニコ・ミューリーの新作オペラで、英国の作家ウィンストン・グレアムの小説を題材にした作品。

写真:Metropolitan Opera


    詳しくはこちら ▷


関連記事

  1. ワシントン発 〓 ワシントン・ナショナル・オペラの首席指揮者にエヴァン・ロジスター

  2. 大阪発 〓 大阪フィルを指揮して、デュトワが日本の音楽シーンに復帰

  3. モスクワ発 〓 中国愛楽楽団が初のロシア・ツアー

  4. ウィーン発 〓 ウィーン交響楽団が次期首席指揮者にオロスコ=エストラーダ

  5. ロサンゼルス発 〓 ギレンホール主演でバーンスタインの生涯を映画化

  6. ワルシャワ発 〓 新しい“ショパン・コンクール”終了

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。