モスクワ発 〓 人気ソプラノのアイーダ・ガリフッリーナが料理本を出版

2018/09/13

人気ソプラノのアイーダ・ガリフッリーナ(Aida Garifullina)が料理本を出版、話題をさらっている。いまのところロシア語版のみ。既にさまざまなオペラハウスに出演しているが、今年はサッカーの「FIFAワールドカップ」の開会式、閉会式のガラ・コンサートで歌い、ビゼー《真珠取り》に出演してザルツブルク音楽祭にデビュー。この後、ニューヨークのメトロポリタン歌劇場へのデビューが予定されており、いま赤丸急上昇中。

ガリフッリーナは1987年、ロシア・カザンの生まれ。聖歌隊の指揮者である母親から音楽を学び、長じてドイツのニュルンベルク音楽大学でジークフリート・エルサレムに学んだ。その後、ウィーン音楽・演劇大学で研鑽を積んだ。

本格的な歌手デビューは2013年。サンクトペテルブルクのマリインスキー劇場で、モーツァルト《フィガロの結婚》のスザンナを歌った(指揮はヴァレリー・ゲルギエフ指揮)。翌2014年にはプラシド・ドミンゴが主宰するコンクール「オペラリア」で第1位を獲得。オペラ《戦争と平和》でナターシャ・ロストワを演じ(演出はグラハム・ヴィック)、その映像がヨーロッパ中の映画館で上映されたことでブレイクした。

写真:Aida Garifullina Official

    詳しくはこちら ▷



関連記事

  1. マインツ発 〓 作曲家イェルク・ヴィトマンに第4回「ロベルト・シューマン」賞

  2. ナンシー発 〓 ロレーヌ国立オペラが2018/2019シーズンのラインナップを発表

  3. ロンドン発 〓 「グラモフォン賞」に新設された「オーケストラ・オブ・ザ・イヤー」にシアトル交響楽団

  4. 東京発 〓 新国立劇場が2019/2020シーズンの公演ラインナップを発表

  5. ハンブルク発 〓 アンネ・ソフィー・フォン・オッターが「#MeToo運動」に異議

  6. パリ発 〓 イル・ド・フランス国立管弦楽団が楽譜代わりにiPad

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。