モスクワ発 〓 人気ソプラノのアイーダ・ガリフッリーナが料理本を出版

2018/09/13

人気ソプラノのアイーダ・ガリフッリーナ(Aida Garifullina)が料理本を出版、話題をさらっている。いまのところロシア語版のみ。既にさまざまなオペラハウスに出演しているが、今年はサッカーの「FIFAワールドカップ」の開会式、閉会式のガラ・コンサートで歌い、ビゼー《真珠取り》に出演してザルツブルク音楽祭にデビュー。この後、ニューヨークのメトロポリタン歌劇場へのデビューが予定されており、いま赤丸急上昇中。

ガリフッリーナは1987年、ロシア・カザンの生まれ。聖歌隊の指揮者である母親から音楽を学び、長じてドイツのニュルンベルク音楽大学でジークフリート・エルサレムに学んだ。その後、ウィーン音楽・演劇大学で研鑽を積んだ。

本格的な歌手デビューは2013年。サンクトペテルブルクのマリインスキー劇場で、モーツァルト《フィガロの結婚》のスザンナを歌った(指揮はヴァレリー・ゲルギエフ指揮)。翌2014年にはプラシド・ドミンゴが主宰するコンクール「オペラリア」で第1位を獲得。オペラ《戦争と平和》でナターシャ・ロストワを演じ(演出はグラハム・ヴィック)、その映像がヨーロッパ中の映画館で上映されたことでブレイクした。

写真:Aida Garifullina Official

    詳しくはこちら ▷



関連記事

  1. 台北発 〓 インバルが台北市立交響楽団の首席指揮者に

  2. パリ発 〓 サウジアラビアの国立オペラ創設をフランスが支援

  3. アムステルダム発 〓 ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団がセクハラ疑惑を報じられた首席指揮者のダニエル・ガッティを解任

  4. プラハ発 〓 プラハ国民劇場が次期芸術監督にノルウェー国立オペラの前芸術監督を招聘

  5. トロント発 〓 ピエチョンカが王立音楽院の声楽部門トップに

  6. ウィーン発 〓 国立歌劇場管のヴィオラ・セクションのトップにポーランド出身のポプラウスキー

  7. ゲッティンゲン・ヘンデル音楽祭 〓 次期音楽監督にジョージ・ペトロウ

  8. ウィーン発 〓 ウィーン放送交響楽団が首席指揮者にマリン・オールソップ

  9. ミュンヘン発 〓 グルベローヴァがバイエルン州立歌劇場に別れ

  10. ウィーン発 〓 楽友協会のトーマス・アンギャン総裁が退任

  11. ヴェルディ・フェスティバル 〓 2019年は4作品を上演

  12. ニューヨーク発 〓 レヴァイン、契約違反と名誉毀損でメトロポリタン歌劇場を提訴

  13. セイジ・オザワ松本フェスティバル 〓 2018年のプログラムを発表

  14. テルアビブ発 〓 ワーグナーの音楽を放送したラジオ局が謝罪

  15. ニューヨーク発 〓 作曲家ジョン・ウィリアムズが自作のスコアなどすべてを母校ジュリアード音楽院に寄贈

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。