モスクワ発 〓 人気ソプラノのアイーダ・ガリフッリーナが料理本を出版

2018/09/13

人気ソプラノのアイーダ・ガリフッリーナ(Aida Garifullina)が料理本を出版、話題をさらっている。いまのところロシア語版のみ。既にさまざまなオペラハウスに出演しているが、今年はサッカーの「FIFAワールドカップ」の開会式、閉会式のガラ・コンサートで歌い、ビゼー《真珠取り》に出演してザルツブルク音楽祭にデビュー。この後、ニューヨークのメトロポリタン歌劇場へのデビューが予定されており、いま赤丸急上昇中。

ガリフッリーナは1987年、ロシア・カザンの生まれ。聖歌隊の指揮者である母親から音楽を学び、長じてドイツのニュルンベルク音楽大学でジークフリート・エルサレムに学んだ。その後、ウィーン音楽・演劇大学で研鑽を積んだ。

本格的な歌手デビューは2013年。サンクトペテルブルクのマリインスキー劇場で、モーツァルト《フィガロの結婚》のスザンナを歌った(指揮はヴァレリー・ゲルギエフ指揮)。翌2014年にはプラシド・ドミンゴが主宰するコンクール「オペラリア」で第1位を獲得。オペラ《戦争と平和》でナターシャ・ロストワを演じ(演出はグラハム・ヴィック)、その映像がヨーロッパ中の映画館で上映されたことでブレイクした。

写真:Aida Garifullina Official

    詳しくはこちら ▷



関連記事

  1. ミラノ発 〓 スカラ座総裁にウィーン国立歌劇場総裁のドミニク・マイヤー

  2. ロンドン発 〓 テノールのキム・ベグリーがオペラからの引退を発表

  3. 大津発 〓 開館20周年記念公演をあす土曜日にも追加開催、台風直撃でびわ湖ホール

  4. テルアビブ発 〓 ワーグナーの音楽を放送したラジオ局が謝罪

  5. ウィーン発 〓 代役は指揮者!?

  6. ストックホルム発 〓 バリトンのハーゲゴールにセクハラ疑惑、役職辞任

  7. ロンドン発 〓 フィルハーモニア管の次期首席指揮者にサントゥ=マティアス・ロウヴァリ

  8. ハレ発 〓 州立劇場の音楽総監督にアリアーヌ・マティアク

  9. ハノーファー発 〓 北ドイツ放送フィルのコンサートマスターも女性に

  10. BBCプロムス 〓 公演DVD発売:ゲルギエフ & ミュンヘン・フィル

  11. ハンブルク発 〓 州立歌劇場が2019/2020シーズンの上演ラインナップを発表

  12. アムステルダム発 〓 ボストン響がコンサートに遅刻、曲目も変更

  13. サンパウロ発 〓 サンパウロ交響楽団の次期音楽監督にティエリー・フィッシャー

  14. セイジ・オザワ松本フェスティバル 〓 小澤征爾が指揮予定の3公演を降板

  15. ウィーン発 〓 ウィーン・フィルが「オーケストラ・アカデミー」

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。