ミュンヘン発 〓 バイエルン州立歌劇場がオンデマンド配信のスケジュールを発表

2018/10/13

バイエルン州立歌劇場がオンデマンド配信「STAATSOPER.TV」のスケジュールを発表した。オペラ7作品が配信される。第1弾はヨナウス・カウフマン、アニヤ・ハルテロスが出演するヴェルディ《オテロ》で、配信は12月2日から。その後、2019年月6日にスメタナ《売られた花嫁》、2月23日にクルシェネク《カール5世》、3月30日にプッチーニ《西部の娘》、6月1日にグルック《アルセスト》、7月6日にリヒャルト・シュトラウス《サロメ》という配信スケジュールが組まれている。

[関連記事]ミュンヘン発 〓 バイエルン州立歌劇場、2018/2019シーズンのラインナップを発表

写真:Bayerische Staatsoper

    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. 高雄発 〓 台湾最大の総合芸術センターがオープン

  2. エカテリンブルク発 〓 新ホールはザハ・ハディッド事務所のデザインを採用

  3. クリーブランド 〓 クリーブランド管がセクハラ認定、コンサートマスターと首席トロンボーンを解任

  4. ミュンヘン・オペラ・フェスティバル 〓 2019年の新作は《サロメ》と《アグリッピーナ》

  5. 東京発 〓 リッカルド・ムーティが第30回「高松宮殿下記念世界文化賞」を受賞

  6. バーデン=バーデン音楽祭 〓 ネトレプコ、エイヴァゾフ夫妻が《アドリアーナ・ルクヴルール》を降板

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。